日本の空き家の戸数は現在右肩上がりで増加しています。

2014年7月の総務省発表のデータだと820万戸が空き家で総住宅数に対して13.5%が空き家というデータが出ています。7〜8件に1件が空き家ということになります。

そして今後も空き家の数は増える見込みで「景観を損なう」「火災の危険性がある」「浮浪者が住み着く」「異臭がする」など、様々な面で問題視されており大きな社会問題になりつつあります。

人口統計から見ても日本という国は世界の中でも郡を抜いて少子高齢の国です。年齢を重ねた両親がお亡くなりになって実家を引き継ぐにもどうしたら良いかわからない方が多くおられます。

そして誰も住まずに放置することで家の老朽化が進み、いよいよどうにも手を付けることができなくなったというケースも多いです。

このような空き家の活用法の失敗事例は地方だけでなく、首都圏などの都市部でも多くあります。

他にも空き家を所有すると、「権利関係でもめた」「少し住まないだけで老朽化が激しくなった」「雑草が生い茂っている」「カビが発生した」「虫が出てきた」「残置物やゴミから匂いが発生してご近所に迷惑をかけた」「不動産屋が寄ってきてしつこい」「売りたいけど売れない」「売りたいけどどうしたら良いかわからない」「いずれ住みたいけれど遠方なので維持管理が大変」など空き家を所有した人によって問題はそれぞれ違います。

空き家の活用法に悩み続けた結果、長年放置してしまった影響で最終的に活用や処分に失敗してしまう事例も多くなっています。

しかし国や自治体も空き家問題を野放しにしている訳ではありません。

国や自治体が「特定空き家」としてした空き家の所有者には固定資産税の減税対象から外すことになりそうです。

また空き家の解体やリフォーム、リノベーションには各自治体から補助金を出す事例も増えてきています。

空き家を所有するということは人生で1度あるかないかの経験なので多くの方が何をしたら良いかわかっていないのが現状です。私もそのうちの一人でした。

なかには空き家を所有したことを耳にしてカモにしようとする悪徳業者やプロとは呼べない業者も存在します。

様々な業者に「良いように扱われてお金を多く騙し取られて大損する」といった失敗事例や「物件を相場よりも安く売却された」という売却に関する失敗事例も存在します。

業者をしっかりと見極める事が出来ないと大損することになる可能性が高いので注意が必要です。

空き家所有をすることで関係を持つことになるだろう関係者は建築業、遺品整理業者、不動産会社、士業など多いです。

各業者側としてもまだまだ空き家に関するビジネス市場は成熟しておらず発展途上なので上記以外にも色んな種類のトラブルや失敗事例が起きているのも事実です。

このサイトでは空き家を所有してから知っておかなければいけないことや周辺知識、空き家活用の失敗事例、各業者選びのポイントや業者の評判などを紹介していきます。

空き家の所有者だけではなくそのご家族、空き家の周辺に住んでおられる方などにも見ていただける様な優良な空き家の活用情報サイトにしていきます。

カテゴリー

空き家の何が問題
空き家問題は危険性もあります。将来は賃貸で活用する使い道を決めて対策や庭の手入れや整理や掃除をしていても近隣住民に危険を与えたりします。防犯防災対策で火災保険に加入したり警備したり戸数によって様々ですが苦情や課題があり相談できる協会が求められています。
リフォームで空き家活用
売れない一戸建ての件数が増加し大手会社、企業、業者が番組に出て市場が増加しました。匠、デザイナー、建築士がトレンド、流れを提供しその影響でショールームの様にDIYするやり方も雑誌で実例が情報化しています。業界には注意点があります。
リノベーションで空き家活用
会社、業者が増加してイベント、内覧会が若者にも人気です。戸建て古民家も影響で購入されています。おしゃれにカフェ、ヴィンテージ、パリ風にプランニング、設計され住みたい一軒家にするノウハウ研究されています。築年数や相場等調査しましょう。
空き家活用の失敗事例
空き家活用推進事業、促進事業も増加しています。国土交通省も政策を計画しています。ビジネスのモデル事業を募集している研究会もあります。危険な活用方法もあり大損をする事例もあります。空き家活用の匠に相談し対策しましょう。
空き家処分の失敗事例
空き家を相続し管理、活用方法等行為の種類があります。保留してもご近所のお家に火災や空き巣の危険等の防犯上の苦情が来る可能性があります。空き家処分、撤去代行業者や解体会社も増加しています。注意通知前に対策法や対応をしましょう。
空き家にまつわる税金
一軒家、一戸建てで固定資産税が軽減されていました。うっかり住んでいない空き家、建物、物件を持つと増税、税額が上がる対象になる危険性があります。特別措置法や評価額を勉強し出来る税理士に随時相談して対策をすることがポイントです。
実家を売却して空き家活用したいけど…
物件売買、転売は売りたいけど売れない裏事情や業界裏ワザがあります。今後売却業務、広告はプロに相談した方が良いです。個人間売買で募集、営業しても経費がかかり難しいです。相場を無料査定で一覧し業者査定前に把握すると良いです。
実家を賃貸して空き家活用したいけど…
空き家の維持管理方法として協会からも注目されているのが賃貸ビジネスです。安い家賃で借りたい借主と貸したい貸主で契約を交わします。自治体や業者も多く参入し課題もありますが活用方法として全国的に若者からも注目を集めています。空き巣や防犯対策にも良いです。
空き家を解体したいけど…
解体屋、業者は費用、見積もり料金以外でも補助金、助成金、口コミ、工事も把握した方が良いです。重機を用いうるさい騒音、振動、埃が付き物なのでご近所に挨拶がないとトラブル、苦情が辛いです。工事施工技師、作業主任者の技術も大切です。
空き家を維持管理したいけど…
売りたいけど売れない、売らない理由がある。将来いずれ住む、住みたい物件を空き巣侵入問題、苦情対策等、ネズミ侵入の危険性から防犯、防災対策や維持管理する若者が人口減少するなか全国平均、県別で件数増加しています。廃墟になると解体費用で大損です。
実家の遺品整理をしたいけど…
空き家の問題やトラブルは近隣住民からの苦情で把握することになります。アルソックでセキュリティを付けても売却や賃貸などの活用方法が決まらず維持管理もできないと景観を損ねる迷惑物件で撤去になります。費用も所有者負担で値段して問題になります。
遺品整理業者 評判
いつからのタイミング、時期からかプロ業者や専門家、会社が増加し、テレビで現場の裏話内容、掃除のやり方や体験談、コツ、仕方、方法、手続き等どうするかでメリットが放送されてます。自分では罪悪感で捨てられない、大変で疲れて出来ない現実です。
空き家 助成金
起業、企業、中小企業しか助成金、補助金がない流れですが、空き家問題・課題対策に裏ワザ的に自治体に申請、受付、相談窓口がありお得です。種類はパソコン、ネットで情報一覧で勉強できます。提出書類、流れは自治体に問合せした方が良いです。
相続の専門家
不動産相続手続きの進め方のポイントは士業の中でもプロを選ぶことです。コンサルできるのはひと握りの士業のみです。税理士や司法書士でもノウハウを知らない人もいます。遺留分等難易度は高い分野ですが相談件数の多い専門家の先生だと円満に終わります。
相続 事務所 評判
相続相談や手続き代行士業の先生の事務所評判を紹介します。遺留分で争い排除や財産遺贈の受け取りの財産の税率計算や遺言書や協議書作成、不動産登記、節税対策もおすすめの先生はしてくれます。対象者にはやることをわかりやすい形でまとめてくれます。
不動産の相続で思わぬトラブルや悩み
相続された対象が家や建物、土地家屋という不動産だと協議しても按分割合で割り切れず訴訟に発展して子供同士や兄弟、いとこで裁判で争う流れまで発展することもあります。遺留分等分割が難しいパターンもあるので期限内に専門家に相談するのがポイントです。
空き家バンクを使ってみたけど…
空き家バンクは国の国土交通省や市町村等の行政が管理する全国対応したシステムです。登録して物件を安く使いたい人が激安条件で購入して活用している成功事例も実績としてあります。農地やマンションもありますがデメリットもありますので注意が必要です