空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  リノベーションで空き家活用  > 大田 空き家リノベーション 失敗事例

大田 空き家リノベーション 失敗事例

築25年の築古アパートを所有していたIさんの実例です。

Iさんの物件の入居者は高齢者が多く住んでいました。購入当初はなんとか満室運営をしていたのですが、徐々に老人ホームに移ったり亡くなられたりして、空室が多くなり老朽化も激しくなってきました。

不動産管理会社に共用スペースの清掃をお願いして対処してもらっても、どうしても朽ちてきた雰囲気を隠すことが出来なくなってきてしまったので、Iさんはリノベーションを決意しました。

施工をするにあたっては、地元にお金を落としたいと考えていたので、Iさんは地元の業者でインターネットの口コミを参考にしながら一つの業者に依頼をしました。

Iさんとしてはゴミ問題で高齢者の入居には懲りていたのもあり、リノベーション後には20〜30代の若い世代の入居者が増える様に、古さを活かしながらも古民家風にデザインを重視しました。

打合せを何度か行い希望する条件を幾つか提示し、合意を重ねながら施工依頼をしました。

工事完了後、立ち会い確認の日を迎えました。

外観はやはり古さは隠しは出来ないものの良い味を醸し出し、階段や共有スペースは良い雰囲気になっていました。

Iさんは次の仕事の予定があったために工事完了立ち会いを短い時間で終わらせ、その場を去りました。

外観だけはイメージを超えた出来だったので興奮してすぐさま入居者募集をかけました。

そして後日Iさんは別件で物件近くに行く予定があったのでついでに物件の内装確認をしました。じっくりと室内を見ていた際に初歩的なミスが多いことに気付きました。

特に酷かったのは換気扇のファンが逆向きに付いていて、外の空気を取り込みコンロの火を煽る様になっていました。

他にもキッチンと部屋の間に段差が生じてつまずきやすくなっていました。

Iさんは杜撰な工事に憤慨しました。

入居者も決まっていたためになんとか入居予定までに修正を間に合わせなければならなかったので、すぐ業者を呼び付け怒号にも近い声で修正指示を出しました。

結局はギリギリのタイミングで工事が完了し事なきを得ましたが、二度と同じ業者でリフォームやリノベーションを依頼しないとIさんは決意しました。
↓↓
近いからという理由だけで安易にリノベーションの工事を業者に依頼してはいけません。

リノベーションもまだまだ成熟した市場ではない影響か、今回のケースの様に驚くほど初歩的なミスをする業者も存在します。

そしてリノベーション業界は参入障壁が低いために次々とプロとは言い難い新規業者が増えています。

業者を選ぶ際は信頼出来るプロに依頼しないと後で取り返しのつかない事になる可能性もあります。ポイントとしては過去の施工数の実績が何件あるのか、会社の歴史等も判断基準になります。



昨今は空き家を活用するためにリフォーム可として賃貸している物件も多くなってきました。

リフォームやリノベーションはますます身近なものになってきている様子です。

しかしそれに伴ってリフォームやリノベーションにまつわる悪徳業者やトラブルも多くなってきています。

空き家のリフォームやリノベーションに関してトラブルを事前に防ぐ為に第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

名古屋 空き家リノベーション 失敗事例

愛知県名古屋市で築古で老朽化して空室が目立つマンションを所有しているTさんはなんとか上手に活用して収入を出したいと思い愛知県、岐阜県、三重県を商圏にしているリノベーション会社に施工を依頼することにしま・・・

新潟 空き家リノベーション 失敗事例

希望する条件を伝えて業者にリノベーション工事を依頼するも大量生産モデルの型にされてしまったGさん夫婦の事例です。 Gさん(旦那さん)は親からかなりの築古の物件を相続されました。 活用するこ・・・

空き家リノベーション 失敗事例 大阪

新婚だったHさんは大阪の繁華街に近く駅にも近くて友達も呼んで集まれるおしゃれな物件を探していました。 Hさんはイラストレーターでアパレルや音楽の他にもアートの分野には拘りがあったので、立地条件だ・・・

練馬 空き家リノベーション 失敗事例

親からの相続で空き家を贈与されたTさんの事例です。 Tさんとしては予想していたよりも早く実家を手に入れてしまったために、自分が住むのか、活用をするのか決めかねていました。 実家をもらったタ・・・

空き家リノベーション 失敗事例 岡山

相続されてから放置していた実家を賃貸活用するために、キッチンと風呂場をリノベーションしたものの失敗した岡山のIさんの事例です。 Iさんは親が他界したことをきっかけに岡山にある実家を相続しました。・・・

空き家リノベーション 失敗事例 中野

空室になっている中古マンションでキッチンのリノベーション工事をして失敗したBさんの事例です。 Bさん一家は新居となるマンションを探していました。 理想のライフスタイルも描きながらコストにも・・・

空き家リノベーション 失敗事例 山形

山形の空き家をリノベーションして間取り変更に失敗したGさん一家の事例です。 Gさん一家は新築物件よりも断然価格の安い中古の空き家を購入し、リノベーションして住むことを考えていました。 不動・・・