空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

奈良 空き家活用 失敗事例

親が亡くなり地元の奈良にある実家が空き家となったYさんの事例です。

Yさんは就職してからは勤務地の関係で東京に出てきました。

Yさんの母親はYさんが20代の頃に亡くなり、父親も還暦を迎えてから持病が原因で亡くなりました。

Yさんは一人っ子でいずれは地元の奈良に帰りたいと思っていましたが思いのほか早くに実家を相続することになりました。

しかしYさんは就職してからは会社のある東京に住んで結婚しそのまま東京にマンションを購入していました。

家族も東京におり奈良に帰る準備や心情が全然整っていませんでした。仕事では毎日忙しく、子供も大きかったため家族のイベントで奔走しなかなか実家の方向性について考える間もなく2年近く経っていました。

部署変更をきっかけに少し時間が空くようになったので実家の扱いについて考えることにしました。色んな状況を考えてみてもまだまだ地元に帰れる状態ではなかったのでYさんは空き家である実家を売却することにしました。

不動産に関しては全くの素人だったためにとりあえずコマーシャルでもよく聞く某大手不動産会社が安心だと思い連絡をしました。そして不動産会社に管理をお願いして買い手を探してもらうことにしました。

4ヶ月程経ち買い手が見つかったため不動産が売れることになり、ひとまず処理しなければいけなかった案件がなくなったのでYさんは胸をなで下ろしていました。

しかし、年始の高校の同窓会をきっかけに不動産会社をやっている友人にその旨を話していると
お前やってしまったな〜」と言われました。

Yさんは友人に対して質問を繰り返していくと大手の不動産会社よりも地元の土地勘のある信頼できる不動産会社に任せた方が良かったという事でした。

相場感をその場でざっくりと聞いてみても売却した金額はぐんと安く損をしていることが分かりました。
↓↓
テレビコマーシャルや大きな看板でよく目にする大手の企業だからといって安易に信用してはいけません。

会社のネームバリューで安心出来るかもしれませんが売り手側が満足に売却出来るかどうかは別の話です。

一部の不動産関係の会社でよくあるのが「囲い込み」というケースです。売却したい物件を他の業者に紹介せずに自分たちにとってのみ都合の良い買い手を見つけて紹介することです。

Yさんはこの「囲い込み」をされてしまいました。

大手の業者といえども頭の中は「売主のため」というよりも「自社がいかに売買手数料をもらうことが出来るか」ということで一杯の業者は沢山います。

また東京にある会社が奈良の物件を見ても土地勘がないために周辺事情が全く異なるために相場が全然わからないケースも多々あります。まるで眼科に歯を診てもらうのと同じです。

信頼出来て土地勘のある不動産業者に売買を頼むようにしましょう。



空き家は様々な業者や専門家が関係します。

業者選びでのトラブルは後を断ちませんので注意して下さい。

空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

愛知 空き家活用 失敗事例

兄弟で愛知県の三河地区実家を相続することになりトラブルになった事例です。 兄のKさんは名古屋市在住で弟のHさんは仙台在住でした。 両親が亡くなり愛知県にある実家を兄弟で半分ずつ法定相続・・・

長野 空き家活用 失敗事例

都内に住みながら長野県の実家を相続したUさんの事例です。 Uさんは大学進学後に都内で就職することになり、東京で家庭を持っていました。 東京在住中に両親が亡くなりそのまま実家を相続しました。・・・

空き家活用 失敗事例 呉

呉の空き家の賃貸活用に失敗したSさんの事例です。 空き家の活用に失敗したSさんの事例です。 Sさんは空き家を所有してから活用、処分方法に悩み3年以上放置していました。 解体して処分す・・・

空き家活用 失敗事例 新宿

兵庫県在住のKさんは両親が他界したことをきっかけに都内の実家を相続で引き継ぎました。 しかしKさんは仕事場において優秀な人材だったことから収入も多く、神戸の芦屋の高級住宅街に家を建てて家族と住ん・・・

空き家活用 失敗事例 町田市

今回は空き家活用の失敗事例というよりも被相続人が不動産活用を失敗して相続人にトラブルを生じさせてしまった事例です。 相続人の間で相続負債の擦り付け合いに発展して関係が泥沼化してしまったという珍し・・・

空き家活用 失敗事例 松江市

松江市でハウスメーカーの営業の促されるままアパートを建設して失敗した活用失敗事例です。 Yさんは父親が一人暮らしをしていたのですが、高齢により徐々に自力で生活をする事が難しくなってきました。 ・・・

実家 空き家活用 富山

実家の空き家を解体し更地にしてアパート経営に失敗したKさんの事例です。 実家の空き家を相続したKさんは当時50代でした。 相続税対策に頭を悩ませていたKさんのもと地元の不動産屋や住宅メーカ・・・