空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

長野 空き家活用 失敗事例

都内に住みながら長野県の実家を相続したUさんの事例です。

Uさんは大学進学後に都内で就職することになり、東京で家庭を持っていました。

東京在住中に両親が亡くなりそのまま実家を相続しました。

思いがけずに実家を所有してしまい、流れで空き家にしてしまう典型的なパターンです。

実家を相続した頃、Uさんは仕事で会社のプロジェクト長にも任命されており、公私共に忙しかったので相続した実家にあまり興味はありませんでした。

田舎の家で固定資産税も年間に6万円程だったので、積極的に買い手を見つけるわけでもなく活用することも考えていませんでした。

それから時間が経ち一時的な不動産投資ブームが到来した影響で、Uさんも実家を活用することに興味が出てきました。

Uさんは仕事も一段落付いていたので、空いた時間を見つけてはセミナーや勉強会に参加していました。

色んな情報をインプットしたUさんは実家をリノベーションして賃貸として活用する事を決断しました。

帰省をしたついでに長野で信頼出来るリノベーション業者を探し出し物件の視察と打合せを行うことにしました。

しかしその頃はUさんが実家を空き家にしてから既に4年の月日が経っていました。

ずっと家を放ったらかしだったので、業者と打合せをするタイミングがUさんにとっても初めて様子を見るといった状況でした。

案の定、物件は激しく老朽化が進んでいました。外観は草が生い茂っており壁もボロボロでした。中に入ると埃臭く床も痛み、柱の木材も所々割れていました。

業者にリノベーション費用の詳細な見積を算出してもらったのですが、傷みが激しかったので至るところの補修が必要になったので概算見積りの金額よりも随分高くつきました。

Uさんは再度提示された見積もり金額に驚き、リノベーション工事を迷いました。

しかし何も手をつけない状態で再度放ったらかしにしても国から「特定空き家」に指定され固定資産税も上がるだけです。結局は補修を込めた金額でリノベーションをすることになりました。

Uさんはもっと早いタイミングで対策を打てば良かったと心底後悔しています。

↓↓
家は人が住まなくなると気温や湿度の調整がされないので、過度の湿気や乾燥で傷むスピードが格段に早くなります。

活用を少しでも頭に入れているのであれば、空き家を相続したらすぐに売却、賃貸に出す等の何かしらのアクションを取りましょう。そのまま放置しておくと想定外の手間やコストがかかることになります。

空き家の活用や処分には様々な業者が絡むことになります。

その際は信頼出来る業者を選びましょう。



空き家は様々な業者や専門家が関係します。

業者選びでのトラブルは後を断ちませんので注意して下さい。

空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

愛知 空き家活用 失敗事例

兄弟で愛知県の三河地区実家を相続することになりトラブルになった事例です。 兄のKさんは名古屋市在住で弟のHさんは仙台在住でした。 両親が亡くなり愛知県にある実家を兄弟で半分ずつ法定相続・・・

奈良 空き家活用 失敗事例

親が亡くなり地元の奈良にある実家が空き家となったYさんの事例です。 Yさんは就職してからは勤務地の関係で東京に出てきました。 Yさんの母親はYさんが20代の頃に亡くなり、父親も還暦を迎えて・・・

空き家活用 失敗事例 呉

呉の空き家の賃貸活用に失敗したSさんの事例です。 空き家の活用に失敗したSさんの事例です。 Sさんは空き家を所有してから活用、処分方法に悩み3年以上放置していました。 解体して処分す・・・

空き家活用 失敗事例 新宿

兵庫県在住のKさんは両親が他界したことをきっかけに都内の実家を相続で引き継ぎました。 しかしKさんは仕事場において優秀な人材だったことから収入も多く、神戸の芦屋の高級住宅街に家を建てて家族と住ん・・・

空き家活用 失敗事例 町田市

今回は空き家活用の失敗事例というよりも被相続人が不動産活用を失敗して相続人にトラブルを生じさせてしまった事例です。 相続人の間で相続負債の擦り付け合いに発展して関係が泥沼化してしまったという珍し・・・

空き家活用 失敗事例 松江市

松江市でハウスメーカーの営業の促されるままアパートを建設して失敗した活用失敗事例です。 Yさんは父親が一人暮らしをしていたのですが、高齢により徐々に自力で生活をする事が難しくなってきました。 ・・・

実家 空き家活用 富山

実家の空き家を解体し更地にしてアパート経営に失敗したKさんの事例です。 実家の空き家を相続したKさんは当時50代でした。 相続税対策に頭を悩ませていたKさんのもと地元の不動産屋や住宅メーカ・・・