空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

愛知 空き家活用 失敗事例

兄弟で愛知県の三河地区実家を相続することになりトラブルになった事例です。

兄のKさんは名古屋市在住で弟のHさんは仙台在住でした。

両親が亡くなり愛知県にある実家を兄弟で半分ずつ法定相続することになりました。

実家の活用、処分をどうするか兄弟共に悩みましたが、Kさんとしては今後実家に住む予定もなかったので売却しようと考えていました。

弟に「実家を売却したい」旨を話しました。

そして様々な手続や段取りをするまでの間は法定相続の割合どおりに、固定資産税をHさんにも半分払ってもらってバランスの取れた関係性を築ける様に提案しましたが、そのことがきっかけで大喧嘩をして不仲になってしまいました。

そしてお互いに全く連絡を取らない関係性にまで発展してしまいました。

それから結局空き家は全くの手つかずの状態で10年も放置されてしまいました。

その間も毎年の固定資産税はKさんが支払っていました。

空き家問題も全国的に取り沙汰されて「特定空き家」に指定されると固定資産税も上がるので後がない思いになっていたKさんは知り合いに相談すると信頼できる司法書士を紹介してもらいました。

状況を全て司法書士に相談するとKさんとHさんの間に入って代理で手続を進めてもらうことが出来ました。

手続の知識がなく10年も野放しにしてしまったので物件の老朽化は進み価値は暴落してしまいました。

結局は実家をかなり安い金額で売却をすることになってしまいました。

↓↓
相続人が複数人いる時は権利関係の問題は非常にデリケートで状況が膠着状態になりがちです。

一人で解決策を模索しても色んなトラブルが発生することもあります。

そうなってしまっては手も足も出ません。

その間に空き家を放置するとみるみる老朽化が進みます。

対策方法の案がある場合はまずはすぐに司法書士等の専門家に相談しましょう。

しかしなかには士業といえどもただの知識屋や作業屋がいるので肩書きに惑わされてはいけません。

しっかりと実力のある信頼できる専門家を選ぶことが非常に大切なポイントです。

実力のない知識屋に相談しても問題解決はいつまで経っても進まないので注意が必要です。


愛知・岐阜・三重の東海三県エリアでは個人的には〈司法書士しょうむら事務所〉という事務所がまず相談してみて悪くない事務所だと思います。

事務所は愛知県常滑市という所にあります。
この事務所の先生の対応力はとてもレベルが高いです。

司法書士しょうむら事務所
電話番号:0569-34-75010569-34-7501


この事務所は全国の知名度は決して高くありませんが、問題が根深く頭を抱えていた方が相談をした後に90%以上の方がその場で案件を依頼している〈隠れた名事務所〉です。

空き家のことに関して特に詳しく、専門外の事でも横の士業の連携を使って的確に迅速に対応してくれます。

空き家を活用するのも処理するのも柔軟な切り口で話を聴いてくれて、アドバイスをくれます。

対応力がある先生でとにかく案件処理のスピードが早い印象です。

仕事を依頼するのを辞めた前の事務所だと1ヶ月もかかっていた案件を、たった数日で返答をしてくれたのでとても助かりました。

とはいうものの事務所と家族間との相性もありますし、空き家の処理の方向性は家族間で十分相談をして他の事務所も比較検討して、どこに相談するべきかを決めてもらった方が良いと思います。

ですが総合的に見て、まず初めに相談する司法書士としては〈司法書士しょうむら事務所〉がメリットが多いと思います。一応、このページでも問合せページを貼っておくので検討してみるといいかもしれません。

司法書士しょうむらへの問合せ

問合せでは

・名前と住所と連絡先
・相談内容(相続、登記等)
・困っていること

を伝えるとスムーズに問合せが出来ると思います。
関連コンテンツ

奈良 空き家活用 失敗事例

親が亡くなり地元の奈良にある実家が空き家となったYさんの事例です。 Yさんは就職してからは勤務地の関係で東京に出てきました。 Yさんの母親はYさんが20代の頃に亡くなり、父親も還暦を迎えて・・・

長野 空き家活用 失敗事例

都内に住みながら長野県の実家を相続したUさんの事例です。 Uさんは大学進学後に都内で就職することになり、東京で家庭を持っていました。 東京在住中に両親が亡くなりそのまま実家を相続しました。・・・

空き家活用 失敗事例 呉

呉の空き家の賃貸活用に失敗したSさんの事例です。 空き家の活用に失敗したSさんの事例です。 Sさんは空き家を所有してから活用、処分方法に悩み3年以上放置していました。 解体して処分す・・・

空き家活用 失敗事例 新宿

兵庫県在住のKさんは両親が他界したことをきっかけに都内の実家を相続で引き継ぎました。 しかしKさんは仕事場において優秀な人材だったことから収入も多く、神戸の芦屋の高級住宅街に家を建てて家族と住ん・・・

空き家活用 失敗事例 町田市

今回は空き家活用の失敗事例というよりも被相続人が不動産活用を失敗して相続人にトラブルを生じさせてしまった事例です。 相続人の間で相続負債の擦り付け合いに発展して関係が泥沼化してしまったという珍し・・・

空き家活用 失敗事例 松江市

松江市でハウスメーカーの営業の促されるままアパートを建設して失敗した活用失敗事例です。 Yさんは父親が一人暮らしをしていたのですが、高齢により徐々に自力で生活をする事が難しくなってきました。 ・・・

実家 空き家活用 富山

実家の空き家を解体し更地にしてアパート経営に失敗したKさんの事例です。 実家の空き家を相続したKさんは当時50代でした。 相続税対策に頭を悩ませていたKさんのもと地元の不動産屋や住宅メーカ・・・