空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

空き家活用 失敗事例 新宿

兵庫県在住のKさんは両親が他界したことをきっかけに都内の実家を相続で引き継ぎました。

しかしKさんは仕事場において優秀な人材だったことから収入も多く、神戸の芦屋の高級住宅街に家を建てて家族と住んでいました。

すっかり芦屋の閑静な雰囲気が好きになってしまったために、手狭な実家のある新宿に帰るつもりはありませんでした。

思い出が詰まった実家でしたが、Kさんは多忙だったため相続された実家に関して考えるエネルギーをあまり使いたくありませんでした。

そこで手早く解決するために売却することを考え、売却の相談先は都内で比較的大手の不動産業者に決めました。

時間を作って業者と膝を突き合わせて相談をしていく中で、Kさんは実家の住所は立地場所が良く賃貸に出して活用しても良いのでは…という考えが浮かんできました。

そのことを業者に提案してみたのですが業者は「売却した方が良い」という一点張りでした。

結局、話の流れのままに業者に売却をお願いする結論になりました。

しかし売却してから暫く時間が経ち、Kさんの実家のある住所は土地の需要が高いため、賃貸として活用出来る見込みが高く、空き家資産として化ける可能性が高かったということが分かりました。

毎月のキャッシュフローを手に入れる事が出来る資産活用の機会でしたが、業者に促されるまま不動産を手放してしまったKさんは非常に悔しい思いをしました。

↓↓
自社都合を押し付けてくる業者には注意しましょう。

クライアントが迷っていることに適切に応えてくれて具体的な提案をしてくれる不動産業者を選ぶことが大切なポイントです。

因みに売却をするとした時にも売却する物件の住所が不動産業者が得意とするエリアかどうかをチェックしておきましょう。

得意とするエリアだと高く・早く売却出来る可能性が高くなります。



空き家は様々な業者や専門家が関係します。

業者選びでのトラブルは後を断ちませんので注意して下さい。

空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

愛知 空き家活用 失敗事例

兄弟で愛知県の三河地区実家を相続することになりトラブルになった事例です。 兄のKさんは名古屋市在住で弟のHさんは仙台在住でした。 両親が亡くなり愛知県にある実家を兄弟で半分ずつ法定相続・・・

奈良 空き家活用 失敗事例

親が亡くなり地元の奈良にある実家が空き家となったYさんの事例です。 Yさんは就職してからは勤務地の関係で東京に出てきました。 Yさんの母親はYさんが20代の頃に亡くなり、父親も還暦を迎えて・・・

長野 空き家活用 失敗事例

都内に住みながら長野県の実家を相続したUさんの事例です。 Uさんは大学進学後に都内で就職することになり、東京で家庭を持っていました。 東京在住中に両親が亡くなりそのまま実家を相続しました。・・・

空き家活用 失敗事例 呉

呉の空き家の賃貸活用に失敗したSさんの事例です。 空き家の活用に失敗したSさんの事例です。 Sさんは空き家を所有してから活用、処分方法に悩み3年以上放置していました。 解体して処分す・・・

空き家活用 失敗事例 町田市

今回は空き家活用の失敗事例というよりも被相続人が不動産活用を失敗して相続人にトラブルを生じさせてしまった事例です。 相続人の間で相続負債の擦り付け合いに発展して関係が泥沼化してしまったという珍し・・・

空き家活用 失敗事例 松江市

松江市でハウスメーカーの営業の促されるままアパートを建設して失敗した活用失敗事例です。 Yさんは父親が一人暮らしをしていたのですが、高齢により徐々に自力で生活をする事が難しくなってきました。 ・・・

実家 空き家活用 富山

実家の空き家を解体し更地にしてアパート経営に失敗したKさんの事例です。 実家の空き家を相続したKさんは当時50代でした。 相続税対策に頭を悩ませていたKさんのもと地元の不動産屋や住宅メーカ・・・