空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  空き家にまつわる税金 > 空き家の固定資産税の税率はどのくらいか

空き家の固定資産税の税率はどのくらいか

固定資産税とは主に家屋や土地保有でかかる地方税です。

毎年1月1日現在に、土地や家屋、償却資産を持っている人が払わなければいけない地方税です。

賃貸の際には払っておらず、マイホームを手に入れてから初めて知ったという人もいます。

読んで字のごとく固定資産に対してかかってきます。固定資産とは土地や家屋です。因みに商売に使う器具などの償却資産も固定資産となっています。

各市町村で独自に設定が出来ますが多くが「固定資産税評価額×1.4%」です。

固定資産税評価額とは上記の土地・家屋・償却資産の総評価額のことです。

納税書は毎年4月に送付されます。

固定資産の評価額が低い場合は課税対象にはなりません。

 土地…30万円未満
◆Р伐亜20万円未満
:償却資産…150万円未満の場合は非課税になるということです。

減税制度は空き家に関する固定資産税の話題の前にマイホーム・住宅用敷地に対しての軽減特例を紹介します。

1:敷地が200屬泙任良分に対しては「固定資産税評価額×1/6

2:敷地が200屬鯆兇┐詆分に対しては「固定資産税評価額×1/3

要は支払う土地の固定資産税が1/6と1/3になるということです。

しかしこの特例は敷地内に住宅が存在する場合のみに適応されます。


空き家に関わる税金には様々な憶測や推測が飛び交っています。

税金に関しても法改正とともに変化をしています。

後で税金に認識や知識が違った、となると大きな損失を被ることになりますので生半可な知識で対応をしない様にしましょう。

空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

放置空き家の解体撤去費用と固定資産税で大損

放置空き家が危険を及ぼすことで解体を余儀なくされ、更地にしたところ固定資産税などの税金が高くなった事例です。 静岡県にある放置空き家の所有者だったOさんの事例です。 Oさんはかれこれ空き家・・・

オフィスや店舗にすると固定資産税はどうなる?

住宅用地特例が適用されると固定資産税と都市計画税が軽減されます。 これは持ち家でも賃貸でもシェアハウスとして提供しても、人が居住用として住むことを前提するならば適用されます。 オフィスや事・・・

空き家 固定資産税 改正

空き家対策特別措置法は2014年11月19日に成立しました。 2013年の調査で7〜8件につき1件が空き家という状態で今後も空き家が増えていく見通しです。 老朽化した空き家は倒壊の危険性、・・・