空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  空き家を維持管理したいけど… > 実家の空き家をどうしたら良いか?

実家の空き家をどうしたら良いか?

実家の空き家をどうしたら良いかという問題はとても大きな問題になります。実は管理人も兄弟で東京に住んでいますので、親の年齢を考えると、おそらく10年後・15年後には地元日立の実家の空き家の問題が必ず来てしまいます。避けられない問題になりそうです。

今のところはおそらく実家を残し、別荘代わりにしようかという案が第一になっていますが、売る・貸す・更地にするなどの案も出ています。空き家の活用法は本当に難しいですね。

空き家は全国で820万戸・全国の戸数も全体の13.5%となっています。空き家もそのままの状態に放置してしまうと、室内に空気の流通がなくなるために、部屋の湿度が上がり、柱や床などが傷みやすくなります。

また空き家を放置することで、ホームレスの方やヤンキーのような若者に入りこまれてしまったり、空き巣に入りこまれてしまったりという防犯上の問題、誰かに入りこまれることで家が火事になってしまったり、台風などで家が壊れたり・木が倒れたりして、隣家に迷惑をかけてしまうなどの防災上の問題も多くなっています。このサイトでも防犯・防災上のリスクのことは紹介しています。

ではこの空き家をどうやって活用していけばいいのかを考えていきます。

1、シェアハウスとして活用
特に都市部の方にはシェアハウスとして、若者や外国人の方にルームシェアをするという方法もありかもしれません。1件の家で数名のルームシェアも可能となっていますので、空き家を活用できますし、格安で若者を住ませることで家賃収入も入りますので、所有者の方にもメリットがあるといえそうです。また日本人と外国人の留学生などのルームシェアなどもありなのかもしれません。

2、若い人と高齢者の混合住宅
地方で大学などがあるところでは、地域に高齢者も多いですし、学生も多くいますので、高齢者と若者の混合住宅(マンションやアパート)などにも活用できるのではないかと考えています。たしかに空き家の問題は戸建ての住宅だけではなく、アパートやマンションなどの集合住宅にも起こり得ることですね。また日本人と外国人の混合住宅、シングルマザー専門の住宅などのように用途分けをして活用することも可能かなといえます。

3、社員寮や社員の借り上げ社宅として活用する
大企業などで福利厚生のしっかりとしたところであれば、空き家を会社が買い取ることで、戸建住宅やアパートなどに社員が住むことができ、所有者も貸すことができてほっとできますし、会社側は福利厚生という形で従業員に還元することで税金対策を行えますし、従業員側も格安で住まいを借りることもできますし、安心して仕事に打ち込めることができます。

4、児童福祉施設にも使えるのではないか
最近都内などを中心として待機児童の問題が出ています。そこで最近は戸建ての借家・空き家などを施設に利用できないかという利用方法も考えられているようです。先生の問題が解決できれば、このような空き家の活用法もありなのかなともいえますね。

上記のような案も簡単には事が進まないとは思うのですが、余っているところと不足しているところを上手く補って、人々が最低限の暮らしや生活ができるようなインフラの再構築をもっと幅広い意味で考えてみてもいいのではないかと思っています。

180


空き家を維持管理するにあたっては業者の選定や管理方法など様々な注意点があります。

空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家がネズミや蜂の巣の発生要因になる

空き家を放置することで近隣住民から苦情が出る場合があります。 衛生上の問題は嫌悪する人も多く苦情が出やすい傾向にあります。 その中でも衛生上で有害な害虫や害獣の発生においては顕著に苦情がき・・・

空き家物件の雑草の影響も小さくありません

空き家がきっかけで生じる問題は個人の体力的・経済的な負担の域を超えます。 空き家が発生したその日以降から、近隣住民に迷惑や危険を及ぼす可能性があり、個人だけの問題ではなくなってきます。 空・・・

庭木の影響で大損した空き家オーナー

空き家を放置すると草木も身近な時間でも驚く程に生い茂ります。 植物が繁茂することに関しては危険や迷惑に及ぶ影響度は低いと考える方は多いように見えますが、深刻な事態や多大な迷惑、費用がかかることが・・・

売りたくても売れないのに維持管理させられる

別記事でも記載しましたが、空き家の所有者は子の家に引越ししたか施設に入所した人が大半を占めます。 親は住む場所が変わっても内心は「いつかは実家に戻って暮らしたい」と考えている方が多い様です。 ・・・

空き家の維持管理は大変

放置空き家は衛生的にも危険性からも近隣住民に迷惑をかけます。 空き家が発生すると近隣住民のマークは厳しくなっている様に感じます。 確かに周りに迷惑をかけることは良くはありませんし、空き家を・・・

空き家維持管理 失敗事例 岡山

岡山県出身のIさんは仕事の都合で現在は大阪に在住しています。 長男だったこともあり、実家はIさんが所有していました。 実家にはIさんの父親が一人で住んでいましたが、高齢のためにIさんが呼び・・・

適正に維持管理しているがなぜ傷む

誰も住まない実家の所有者になってから、維持管理することを甘く見ている人が多いです。 2014年頃に空き家問題が世間的にも騒がれる様になってきてからは、空き家関連のサービスや商品が増えてきました。・・・

空き家 維持管理 サービス

最近は新聞やTVでも空き家に関する記事を見かける機会も珍しくありません。 空き家の戸数は右肩上がりに増えています。現在、全国で820万戸に至り住宅件数の13.5%を占めています。7〜8件のうち1・・・