空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  空き家を維持管理したいけど… > 空き家がネズミや蜂の巣の発生要因になる

空き家がネズミや蜂の巣の発生要因になる

空き家を放置することで近隣住民から苦情が出る場合があります。

衛生上の問題は嫌悪する人も多く苦情が出やすい傾向にあります。

その中でも衛生上で有害な害虫や害獣の発生においては顕著に苦情がきます。

空き家を放置することで増加する害虫として代表的なのがネズミです。

ネズミは寒さに弱く、寒さを凌ぐために空き家に侵入します。

もし空き家に残置物として家財がそのまま置いてあれば、寝床を作るので特に増加しやすくなります。

周知の通りネズミの繁殖スピードは早く、住み着いてから少し時間を置くだけで家がネズミだらけという状況にもなりかねません。

また、ネズミが増えることによってそれを狙うイタチなどの動物も集まりやすくなります。



また、直接的な危害を及ぼす害虫としてはシロアリとハチです。

シロアリは湿気のある場所を好むので、空気の入れ替えをしていない空き家は絶好の居住空間になります。

シロアリの怖さは増加すると近隣住民にまで危害を及ぼすという点です。

繁殖が進んで食べ物の食材の競争率が増加すると少しずつ隣家にも移り住みながら、拡がっていきます。

ハチは軒下、戸袋や屋根裏、木に巣を作るので発見しにくく、危険です。

スズメバチなど危険度が高いハチも空き家に巣を作るので注意が必要です。

巣は発見しにくいため、気づいたら巨大になっていたという場合も多いです。

近隣住民に危害を与える危険性があるため放置していてはいけません。



いずれにせよ空き家を所有したら早急に対応をしましょう。

放置すると近隣住民に迷惑をかけるばかりか、物件価値も暴落し活用できたものも出来なくなります。

矛盾するかもしれませんが空き家をなんとかしたくても、闇雲に行動してはいけない場合もあります。

まず大切なことは相談を誰にするかです。

現在は空き家に関しての総合的なアドバイスやコンサルティングをしているのは不動産業者です。

ですが不動産業者の中には自分の利益しか考えていないグレーな企業も多く存在します。

グレーどころかブラックの企業もあります。

相談先を間違ってしまうと不必要な費用を計上されて空き家所有者の活用メリットが著しく減ることになりますので相談する相手は誰にするかをしっかりと吟味する必要があります。

決して〈近いから〉や〈広告宣伝しているから〉だけでは決めない様にしましょう。

ハズレの不動産会社に空き家について相談をしてしまうと、まんまと不動産会社にとって良い様に扱われて所有者にとっては〈不動産〉が〈負動産〉になりかねません。



空き家に関して真摯に対応している企業が連なって総合的な対応をしている相談センターがありますのでそういったところに聞くのが一番良いでしょう。




空き家を維持管理するにあたっては業者の選定や管理方法など様々な注意点があります。

空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家物件の雑草の影響も小さくありません

空き家がきっかけで生じる問題は個人の体力的・経済的な負担の域を超えます。 空き家が発生したその日以降から、近隣住民に迷惑や危険を及ぼす可能性があり、個人だけの問題ではなくなってきます。 空・・・

庭木の影響で大損した空き家オーナー

空き家を放置すると草木も身近な時間でも驚く程に生い茂ります。 植物が繁茂することに関しては危険や迷惑に及ぶ影響度は低いと考える方は多いように見えますが、深刻な事態や多大な迷惑、費用がかかることが・・・

売りたくても売れないのに維持管理させられる

別記事でも記載しましたが、空き家の所有者は子の家に引越ししたか施設に入所した人が大半を占めます。 親は住む場所が変わっても内心は「いつかは実家に戻って暮らしたい」と考えている方が多い様です。 ・・・

空き家の維持管理は大変

放置空き家は衛生的にも危険性からも近隣住民に迷惑をかけます。 空き家が発生すると近隣住民のマークは厳しくなっている様に感じます。 確かに周りに迷惑をかけることは良くはありませんし、空き家を・・・

空き家維持管理 失敗事例 岡山

岡山県出身のIさんは仕事の都合で現在は大阪に在住しています。 長男だったこともあり、実家はIさんが所有していました。 実家にはIさんの父親が一人で住んでいましたが、高齢のためにIさんが呼び・・・

適正に維持管理しているがなぜ傷む

誰も住まない実家の所有者になってから、維持管理することを甘く見ている人が多いです。 2014年頃に空き家問題が世間的にも騒がれる様になってきてからは、空き家関連のサービスや商品が増えてきました。・・・

空き家 維持管理 サービス

最近は新聞やTVでも空き家に関する記事を見かける機会も珍しくありません。 空き家の戸数は右肩上がりに増えています。現在、全国で820万戸に至り住宅件数の13.5%を占めています。7〜8件のうち1・・・

実家の空き家をどうしたら良いか?

実家の空き家をどうしたら良いかという問題はとても大きな問題になります。実は管理人も兄弟で東京に住んでいますので、親の年齢を考えると、おそらく10年後・15年後には地元日立の実家の空き家の問題が必ず来て・・・