空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  空き家を維持管理したいけど… > 空き家物件の雑草の影響も小さくありません

空き家物件の雑草の影響も小さくありません

空き家がきっかけで生じる問題は個人の体力的・経済的な負担の域を超えます。

空き家が発生したその日以降から、近隣住民に迷惑や危険を及ぼす可能性があり、個人だけの問題ではなくなってきます。

空き家の所有者の方の多くが「少しの期間位であれば、問題はない」と思われる方が多い様です。

答えとしては「その通り」とも「違う」ともいえます。

ただ、いろんな諸条件が重なると驚くほど空き家の老朽化のスピードは早く、あっという間に問題空き家になってしまいます。



雑草に関しても冬場ではそんなに伸びは少ないかもしれませんが、真夏の8月であれば数週間放置しただけですぐに大人の背丈位に成長します。

そうなるとヤブ蚊や虫の発生の温床となり、それを狙って他の昆虫や動物たちも続々と集まってくるようになります。

また、果実のなる木が庭にある場合は特に注意が必要です。

果実はいずれ落ちて実が腐ります。

その臭いにつられて大量の小蝿などの虫や動物が寄ってきます。

そして果実に入っていた種が芽を出して、数年放置すると木が繁茂していたということもあります。



空き家が発生し始めた時期や条件が悪ければ、少しの時間だけでも実家が見違える程に老朽化や無残な姿になってしまいます。

立地条件が良かったり、状態が良かったりすると不動産としての価値は高く活用することも容易だったかもしれません。

しかし少しの時間を空けるだけで価値が激減する場合もあることを頭に入れておいてください。

老朽化が促進すると後の加速度は早いです。

活用をする計画があっても日を追うごとにどんどんと活用しづらくなってきます。

空き家の活用をする予定がある場合は早急に対処しましょう。

空き家にするタイミングが悪ければ本来は売れた実家が売れないという場合もあります。

空き家になるであろう実家の今後の対応方法は事前に決めておくことが必要です。

空き家になってからでは時間も大敵です。

活用するにあたっても老朽化しては価値が目減りしますし、近隣住民にも迷惑をかけることになります。

ベストなのは活用方法や詳細事項まで全て決めてあることです。



しかし焦って総合的な視点を失ってもいけません。

相談する相手を間違うとこれもまた、不動産が負動産に変わりかねません。

自宅の状況は一件ごとに状況が違います。

活用には売却、賃貸がありますし不要であれば解体といった手段もあります。

どのような対応をするのがベストかは素人目には難しいのが現状です。



現在、空き家に関して積極的に対応をしているのが不動産会社です。

対応方法を総合的にみても売却・賃貸・解体・建築などどれも不動産会社の専売特許ですので総合的なアドバイスは不動産会社が行っています。

しかし不動産業界というのは一般の方々が想像している通りにグレーな業界です。

もちろん筋を通してまっとうに業務に励んでおられる企業もありますが、自社の利益を第一優先にして「とりあえずアパートを建てて活用しましょう」と勧めてくるところあります。

それは大手であってもそうですので相談した先の会社のネームバリューだけで判断しては絶対にいけません。

仮にアパートとして賃貸活用をするにしても下請け企業に縁のある業者を通じれば同じ下請け業者を扱い、建築条件は全くの同じだとしても60%の金額でアパート建築出来たという事例もあります。

不動産業界は単価が大きいだけに中間マージンも大きいので私たち一般者からは適正値がどれくらいなのかがわからないのが現状です。

そのためハズレの不動産会社を引いてしまえば不動産が負動産になりかねません。

不動産会社を選定する際はシビアな目で選定しましょう。

空き家は時間も大敵ですが焦るのも禁物です。

安直に活用に着手をする前に空き家に関する総合的な相談窓口に相談して内情分析をしてもらうのも良いでしょう。


空き家を維持管理するにあたっては業者の選定や管理方法など様々な注意点があります。

空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家がネズミや蜂の巣の発生要因になる

空き家を放置することで近隣住民から苦情が出る場合があります。 衛生上の問題は嫌悪する人も多く苦情が出やすい傾向にあります。 その中でも衛生上で有害な害虫や害獣の発生においては顕著に苦情がき・・・

庭木の影響で大損した空き家オーナー

空き家を放置すると草木も身近な時間でも驚く程に生い茂ります。 植物が繁茂することに関しては危険や迷惑に及ぶ影響度は低いと考える方は多いように見えますが、深刻な事態や多大な迷惑、費用がかかることが・・・

売りたくても売れないのに維持管理させられる

別記事でも記載しましたが、空き家の所有者は子の家に引越ししたか施設に入所した人が大半を占めます。 親は住む場所が変わっても内心は「いつかは実家に戻って暮らしたい」と考えている方が多い様です。 ・・・

空き家の維持管理は大変

放置空き家は衛生的にも危険性からも近隣住民に迷惑をかけます。 空き家が発生すると近隣住民のマークは厳しくなっている様に感じます。 確かに周りに迷惑をかけることは良くはありませんし、空き家を・・・

空き家維持管理 失敗事例 岡山

岡山県出身のIさんは仕事の都合で現在は大阪に在住しています。 長男だったこともあり、実家はIさんが所有していました。 実家にはIさんの父親が一人で住んでいましたが、高齢のためにIさんが呼び・・・

適正に維持管理しているがなぜ傷む

誰も住まない実家の所有者になってから、維持管理することを甘く見ている人が多いです。 2014年頃に空き家問題が世間的にも騒がれる様になってきてからは、空き家関連のサービスや商品が増えてきました。・・・

空き家 維持管理 サービス

最近は新聞やTVでも空き家に関する記事を見かける機会も珍しくありません。 空き家の戸数は右肩上がりに増えています。現在、全国で820万戸に至り住宅件数の13.5%を占めています。7〜8件のうち1・・・

実家の空き家をどうしたら良いか?

実家の空き家をどうしたら良いかという問題はとても大きな問題になります。実は管理人も兄弟で東京に住んでいますので、親の年齢を考えると、おそらく10年後・15年後には地元日立の実家の空き家の問題が必ず来て・・・