空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

空き家 補助金 事例

空き家のリフォームをすることで補助金が出るケースもあります。

鹿児島県姶良(あいら)市の空き家リフォーム補助事業の例を以下に紹介します。

姶良市にある空き家を有効的に活用するため、空き家のリフォームと家具などの処理するための費用を市が補助します。※平成29年3月31日まで補助するみたいです。

[空き家のリフォーム]
空き家の修理の費用を補助します。工事にかかる費用が20万円以上の場合、もらえる補助金は経費の2割です。最大20万円までもらえます。

[家財道具の撤去]
空き家を利用するため、不要なものを処理する費用を補助します。5万円以上費用がかかる際に補助されるみたいです。処理は市の決まりを守って行うことが原則です。もらえる補助金はこの場合も経費の20%です。最大5万円までもらえます。

[対象物件]
(1) 姶良市内の建物で、個人が住む用に建てられた住宅
(2) 入居予定の人がいて、売買・賃貸契約された物件
(3) すでに入居者がいる場合は売買契約、または賃貸契約されてから3ヶ月以内の物件

[対象者]
(1) 市内の業者施工業者がリフォームを行うこと
(2) リフォームをした後の3年間は、空き家の転売や処分を行わないこと
(3) 事前に申請すること。補助金交付決定した後に工事すること
(4) 補助金の申請をした年にリフォームの実績報告をすること
などとなっています。
関連コンテンツ

リノベーション 補助金 事例

福岡県がリノベーションで補助金を出した事例を紹介します。 福岡県で設定している「リノベーション推進事業補助金」は、空き家を個人の色んなニーズに対応して、簡単に住み替えができる様にするとのことです・・・

解体 助成金 事例

[噂される空き家解体の補助金・助成金制度について] Q空き家を解体するのに国から補助金が出るって本当? A個人や会社がもらえる補助金や助成金はありません。助成金や補助金は国から地方の公共団・・・

空き家 再生推進事業

右肩上がりの増加を続ける空き家件数。 現在も空き家が放置された状態で活用されずにデッドスペースになっている所は少なくありません。 近い将来には大きな社会問題になることを鑑みて、〈国土交通省・・・