空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  空き家 助成金 > リノベーション 補助金 事例

リノベーション 補助金 事例

福岡県がリノベーションで補助金を出した事例を紹介します。

福岡県で設定している「リノベーション推進事業補助金」は、空き家を個人の色んなニーズに対応して、簡単に住み替えができる様にするとのことです。

個人が快適な暮らしが出来る様にすることを目指しています。

補助金をもらうには専門家が中古住宅をチェックする「住まいの健康診断」というものをします。福岡県は「住まいの健康診断」を広めて定着させたいらしいです。

[対象住宅]
「住まいの健康診断」を受けた住宅

[補助対象者]
自分が住むために、補助の対象の住宅を購入してリノベーション工事をする人

[補助対象工事]
リノベーション工事で県内の業者が請け負う20万円以上の工事

[補助額]
工事の経費の2割を補助してくれます。
最大20万円までもらえます。

[補助戸数]
120戸
関連コンテンツ

空き家 補助金 事例

空き家のリフォームをすることで補助金が出るケースもあります。 鹿児島県姶良(あいら)市の空き家リフォーム補助事業の例を以下に紹介します。 姶良市にある空き家を有効的に活用するため、空き家の・・・

解体 助成金 事例

[噂される空き家解体の補助金・助成金制度について] Q空き家を解体するのに国から補助金が出るって本当? A個人や会社がもらえる補助金や助成金はありません。助成金や補助金は国から地方の公共団・・・

空き家 再生推進事業

右肩上がりの増加を続ける空き家件数。 現在も空き家が放置された状態で活用されずにデッドスペースになっている所は少なくありません。 近い将来には大きな社会問題になることを鑑みて、〈国土交通省・・・