空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

空き家 再生推進事業

右肩上がりの増加を続ける空き家件数。

現在も空き家が放置された状態で活用されずにデッドスペースになっている所は少なくありません。

近い将来には大きな社会問題になることを鑑みて、〈国土交通省〉が〈住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業〉を発足させました。



事業の目的、対象等の概要を整理します

目的
高齢者、障害者、子育て世代向けに空き家等を活用して一定の質が確保された低廉な家賃の賃貸住宅の供給を促進させる

概要
入居ニーズや住宅オーナーの意向を踏まえた上で、空き家のリフォームやコンバージョンに対して支援を行う

というものです。

事業の実施可能地域の展開は今も進めており、事業の要件や補助額は定められています。
(下記要参照)


住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業について



空き家にまつわる問題対策は今後もますます促進していくことになることでしょう。


空き家はただ、保有して〈特定空き家〉に指定されると固定資産税が跳ね上がり負債です。

家屋も土地も活用の目処がないのであれば、早めに売却した方が賢い選択だと思います。

活用を考えられているならば上記の〈住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業〉を有効に活かすことで負担が減ります。

「空き家問題に対して目を瞑っていた」
いつかなんとかなるだろう

といっていても負担は見えない所でどんどん大きくなります。

売却、活用も早い段階で結論を出すことが最善の方法です。



空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家 補助金 事例

空き家のリフォームをすることで補助金が出るケースもあります。 鹿児島県姶良(あいら)市の空き家リフォーム補助事業の例を以下に紹介します。 姶良市にある空き家を有効的に活用するため、空き家の・・・

リノベーション 補助金 事例

福岡県がリノベーションで補助金を出した事例を紹介します。 福岡県で設定している「リノベーション推進事業補助金」は、空き家を個人の色んなニーズに対応して、簡単に住み替えができる様にするとのことです・・・

解体 助成金 事例

[噂される空き家解体の補助金・助成金制度について] Q空き家を解体するのに国から補助金が出るって本当? A個人や会社がもらえる補助金や助成金はありません。助成金や補助金は国から地方の公共団・・・