空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

秋田 空き家処分 失敗事例

両親が他界して田舎の実家を相続したHさんの事例です。

Hさんは就職してから大阪にずっと住んでいました。

田舎に戻る事を考えていなかったので処分をしようと思っていました。

しかし手続などなかなか手を付けることなくずるずると時間が経ってしまい、結局空き家のまま6年も放ったらかしにしてしまいました。

長期休暇の際には地元に帰省したついでに簡単な掃除や草取りを毎回していましたが、6年目を迎えるお盆に毎度のごとく様子を見に行くとなんと鍵が空いていました。

前回に立ち寄った際に鍵をかけていたはず」とHさんは自分に言い聞かせながらも、恐る恐る中に入ると空き缶やコンビニで購入したお菓子、おつまみのゴミが散らかっていました。

挙句の果てにはタバコの吸殻も沢山捨ててありました。

「もし火が完全に消えていなかったとしたら…」「ご近所さんを家事に巻き込んでしまっていたら…」と思うとHさんはゾッとしました。

そして二階に上がると壁にはスプレーで落書きがされていました。

もともと古い家で活用することはあまり考慮していなかったのですが、落書きがあったことで完全に活用する可能性は絶望的になりました。

そのことがきっかけでHさんはやっと重い腰を上げて処分することにしました。

今回は事なきを得ましたがHさんは対応を保留にし続けた事で怖い思いをしました。

↓↓
もしも火災になって隣家に被害が及んでしまった場合は所有者の管理不十分で弁償が必要になります。

とてもHさんだけでは処理出来ず、人生を大きく狂わせていたことでしょう。

売却しても二束三文にしかならないかもしれませんが、早急に手を打った方が良いでしょう。

活用を考えている場合も同様です。早急に対応しないとせっかくの活用方法の選択肢も限定されます。

相続した時点で早急に方向性を決めて対応をしましょう。



空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

築年数の多い空き家は危険

一般的な木造家屋には数万点以上の部材が使用されています。 幾つもの部材が釘や接着剤で繋ぎあわされて住宅はできています。 一方、現在の空き家は少なくとも30年を超えます。 ただでさえ人・・・

愛媛 空き家処分 失敗事例

両親の相続で愛媛の実家を所有することになったYさんの事例です。 Yさんは東京で家庭を持ち毎日仕事で忙しかったため、なかなか相続した実家の対応について考えることが出来ませんでした。 愛媛が地・・・

空き家処分 失敗事例 前橋

前橋市で空き家の解体時に業者と費用でトラブルになったFさんの失敗事例です。 Fさんは両親がなくなり前橋にある実家を相続しました。 当初は実家を活用することを検討していましたが、立地条件等も・・・

空き家処分 失敗事例 大分

大分で空き家物件を解体する際に費用で業者とトラブルになったOさんの事例です。 Oさんは地元の大分を離れ、仕事で現在在住している兵庫県で家庭を持ち15年が経ち、将来的に地元に帰ることを考えていませ・・・

空き家処分 失敗事例 秋田

秋田にある所有者が不明の空き家が倒壊して、近隣住民に損害を出すことになってしまった空き家処分失敗事例です。 その空き家は人が住まなくなってから10年以上経ったものでした。 見るからに朽ち果・・・