空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

空き家処分 失敗事例 大分

大分で空き家物件を解体する際に費用で業者とトラブルになったOさんの事例です。

Oさんは地元の大分を離れ、仕事で現在在住している兵庫県で家庭を持ち15年が経ち、将来的に地元に帰ることを考えていませんでした。

しかしOさんは一人っ子であり、今後両親が高齢になり、遠方で誰も面倒が見れなくなる事を心配に思っていました。

その理由から兵庫に家を建てる際に2世帯住宅にして両親を呼び寄せる事にしました。

Oさんは大分の実家を両親が自身の住んでいる兵庫に引っ越した後は解体して処分する事にしました。

仕事の休みを使って地元大分の解体業者を探し出しました。そして打合せをして現場調査をしてもらいました。

Oさんは解体業者と打合せをした感想として、その解体業者は経験が豊富な印象がありました。

Oさんはその業者を信頼して工事を任せることにしました。

そして解体する事、打合せをして工事を進めていることを親戚と話していると、「追加費用があるといけないから口頭だけではなくて現場を見てもらったら再度見積もりを出してもらいなさい」とアドバイスをもらいました。

その話に納得したOさんは詳細見積書を出してもらうために再度業者の携帯電話に何度か連絡しましたが繋がりませんでした。

なかなか折り返しの電話ももらえずにOさんはフラストレーションが溜まっていました。

そして2日後にやっと折り返しの連絡が来て、詳細見積もりが欲しい旨を伝えることが出来ました。この連絡が着きにくい事があってOさんは業者に対して少し不信感を抱いていました。

後日、兵庫に戻ったOさん宛に詳細見積書が郵送され、中身を確認した上で、解体工事に着手してもらいました。

そして業者から工事が完了した事を伝える連絡が来ました。

その時にOさんは肩を落とす事になりました。

その理由は詳細見積もりから更に追加費用が発生していたからだったのです。

なぜ追加費用が発生するのか理由を問うと業者は「地中にOさん宅以前の建物の基礎や他にも工事をする際の障害物があった。地中の事は正直工事を進めないと分からないこと」との事でした。

Oさんはカチンときて、「それならばその時にタイムリーに連絡してくれたら良かったじゃないか。障害物の記録や写真は取っているのか」と聞きなおすと業者は「記録は取っていないが基礎を除去したことは間違いないので追加経費分を払って欲しい」と引き下がりませんでした。

業者とは揉めましたが、結果的にOさんが折れて追加費用を支払う形でこの工事は終了しました。

解体業者の工事の腕は良かったものの、業者との連携が良くなかった事が原因で工事後に費用で揉めてしまったトラブル事例です。

↓↓
今回の事例は確かに地中の障害物なので、地上での現場調査で障害物の有無について把握する事は難しいでしょう。

しかし業者は地中障害物があるかもしれない事、その際は追加経費が発生してしまう事を事前に伝えるべきだったでしょう。

また工事を進める中で障害物があったら、その都度施主さんに連絡すること、障害物の記録を取っておくことが後々のトラブルを回避する大事なポイントだった事と思います。

今回のケースは業者に非があると思います。

どれだけ工事経験が長くても、施主さんに気配りが出来るかが業者の姿勢と態度を見極めることがトラブル回避には大切なポイントです。



空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

築年数の多い空き家は危険

一般的な木造家屋には数万点以上の部材が使用されています。 幾つもの部材が釘や接着剤で繋ぎあわされて住宅はできています。 一方、現在の空き家は少なくとも30年を超えます。 ただでさえ人・・・

秋田 空き家処分 失敗事例

両親が他界して田舎の実家を相続したHさんの事例です。 Hさんは就職してから大阪にずっと住んでいました。 田舎に戻る事を考えていなかったので処分をしようと思っていました。 しかし手続な・・・

愛媛 空き家処分 失敗事例

両親の相続で愛媛の実家を所有することになったYさんの事例です。 Yさんは東京で家庭を持ち毎日仕事で忙しかったため、なかなか相続した実家の対応について考えることが出来ませんでした。 愛媛が地・・・

空き家処分 失敗事例 前橋

前橋市で空き家の解体時に業者と費用でトラブルになったFさんの失敗事例です。 Fさんは両親がなくなり前橋にある実家を相続しました。 当初は実家を活用することを検討していましたが、立地条件等も・・・

空き家処分 失敗事例 秋田

秋田にある所有者が不明の空き家が倒壊して、近隣住民に損害を出すことになってしまった空き家処分失敗事例です。 その空き家は人が住まなくなってから10年以上経ったものでした。 見るからに朽ち果・・・