空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

税理士とは?

相続税の計算や申告の際に頼りになる存在です。

税金を払う事だけではなく、いかに節税できるかを依頼主にアドバイスできるかも税理士の手腕にかかっています。

平成27年より相続に関する税制が大きく改悪されました。

これまでは相続財産が3億円以上の案件や富裕層にのみ相続税が関与していましたが、これからは何かしらの〈相続税対策〉、〈相続対策〉が必要な一般層の人が激増する事でしょう。


そして相続の相談に関しては税理士と答える方が多いですが、税理士だけでは本来の対策は難しいのが現実です。(相続に関わる司法書士、弁護士、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、不動産鑑定士に関しては別ページを参考下さい。)

相続では税金計算が複雑になる場合が多いです。

実は税理士の先生の中でも依頼主からの相続相談に対してしっかりと対応出来る先生は1%もいません。それほど相続問題は奥が深い問題なのです。

税理士の先生でも相続税の対応で作業の計算をする事は出来ても、知識を繋げ合わせる事が出来ない先生があまりにも多いのが現状です。


大手の会計事務所だったとしても相続を担当する部署の方はその中でもほんの数名です。

その方の腕が良くないと失敗に繋がるケースもあるので大手だからといって安心しない方が良いでしょう。

実力のない先生に依頼してしまうと払わなくて良い税金まで払うことになります。


事実、過剰に税金を払ってしまっているケースは少なくありません。

税務署は多く税金を払ってしまっても返してはくれません。


税理士の先生でも相続に関して計算方式を間違う位ですから、一般の素人が多く税金を払ってしまっている事に気づくことは99%不可能でしょう。

先日、税理士以外の士業の方とお話をする機会がありました。

その際に「税理士の先生といっても法人税等の限られた分野にだけ強くて、相続税に関しては素人の我々の方が知見が多い場合すらありますよ」と、仰っていました。


相続問題に対処する際は腕のいいプロ中のプロの税理士に仕事を依頼しないと気づかぬうちに大損しているかもしれないので注意が必要です。



空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

はじめに

平成27年より相続に関する税制が大きく変わりました。 相続税の基礎控除額が以前に比べて40%も減額されたことにより相続税対策は今まで富裕層のみに関係するイベントでした。 ただ今後はマイ・・・

司法書士とは?

〈司法書士とは?〉 司法書士は登記業務のエキスパートです。 不動産に関して相続や贈与、売買が発生すると不動産の名義変更等の登記関連のイベントが発生します。 司法書士はその・・・

弁護士とは?

弁護士は訴訟のエキスパートだけではありません。 相続人同士の揉め事解決や予防のプロフェッショナルでもあります。 遺言に関しては司法書士と同様に弁護士も遺言執行者としても適任です。 弁・・・

社会保険労務士とは?

遺族年金の請求手続きに関して全般を担うのが社会保険労務士です。 遺族年金とは一括りに言ってもたくさんの給付口があり、誰がどの給付をもらえるのかまで細かに法律で決まっています。 また遺族年金・・・

不動産鑑定士とは?

「相続で不動産を売買や活用するには評価額を把握する必要がある」と耳にしたことがある方がおられると思います。 不動産鑑定士は以下の不動産の実勢価格を鑑定してくれます。 不動産は一物四価と・・・

ファイナンシャルプランナーとは?

お金に関するプロフェッショナルです。 様々な視点から依頼主に対してアドバイスや資産設計を行います。 保険を扱う先生の場合が多いです。 状況や必要に応じて弁護士や司法書士、税理士、公認会計・・・