空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  相続の専門家 > ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは?

お金に関するプロフェッショナルです。
様々な視点から依頼主に対してアドバイスや資産設計を行います。

保険を扱う先生の場合が多いです。

状況や必要に応じて弁護士や司法書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野で幅広いネットワークを持っているのも強みです。


相続というものは家庭ごとに問題や特徴は異なるので一概に「これをしたら良い」というものはありません。

ファイナンシャルプランナーは幅広いネットワークを活かして相談者に適した専門家を紹介してくれる場合もあります。


話は変わりますが生命保険は相続財産ではないため面倒な遺産分割協議が不要です。

保険加入時に指定した受取人の財産なので相続の際は使い勝手が良いと思います。

現金で財産を持っていると相続税がかかりますが、保険に変えてしまえば節税して財産を残す事ができます。


非課税額は〈500万円×法定相続人〉までなので現金や他の金融商品で残すよりも有利になりそうです。

保険というだけでなんとなく釈然としない方もおられるかもしれませんが、相続に関しては偏見の眼鏡は外した方がメリットは多いでしょう。

それほど相続と生命保険は相性が良いのです。


しかしここでも注意すべきポイントは〈ファイナンシャルプランナーや保険屋ならば誰に相談しても良いわけではありません

間違った人を選んでしまうと、狭くて質の悪いネットワークしか持っていない場合が少なくありません。



相続に関してのアドバイスも出来ません。
(相続に関して全くの素人のファイナンシャルプランナーも多く存在します)

それほど相続とは深い問題なのです。

ちゃんとしたプロの先生に相談しないと業者都合で保険を加入させられてメリットが少ないので注意が必要です。



空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

はじめに

平成27年より相続に関する税制が大きく変わりました。 相続税の基礎控除額が以前に比べて40%も減額されたことにより相続税対策は今まで富裕層のみに関係するイベントでした。 ただ今後はマイ・・・

司法書士とは?

〈司法書士とは?〉 司法書士は登記業務のエキスパートです。 不動産に関して相続や贈与、売買が発生すると不動産の名義変更等の登記関連のイベントが発生します。 司法書士はその・・・

弁護士とは?

弁護士は訴訟のエキスパートだけではありません。 相続人同士の揉め事解決や予防のプロフェッショナルでもあります。 遺言に関しては司法書士と同様に弁護士も遺言執行者としても適任です。 弁・・・

社会保険労務士とは?

遺族年金の請求手続きに関して全般を担うのが社会保険労務士です。 遺族年金とは一括りに言ってもたくさんの給付口があり、誰がどの給付をもらえるのかまで細かに法律で決まっています。 また遺族年金・・・

税理士とは?

相続税の計算や申告の際に頼りになる存在です。 税金を払う事だけではなく、いかに節税できるかを依頼主にアドバイスできるかも税理士の手腕にかかっています。 平成27年より相続に関する税制が大き・・・

不動産鑑定士とは?

「相続で不動産を売買や活用するには評価額を把握する必要がある」と耳にしたことがある方がおられると思います。 不動産鑑定士は以下の不動産の実勢価格を鑑定してくれます。 不動産は一物四価と・・・