空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

空き家 貸主の悩み

相続で空き家を引き継ぐも活用方法が定まらずに頭を抱えている人は多い様です。

そんな中、知人からの紹介や些細なことから急に「空き家を住みたいので貸して欲しい」と言われて嬉しい反面で、頭を抱える人がいます。

空き家を貸せるなんて立派な空き家の活用方法だと思われがちですが、実際に貸せる状態にするためにはある程度の準備が必要です。

多く聞くのが賃貸契約の概要についてです。

多くの空き家所有者が人に空き家を貸すまで放置している人が多い様です。

ご存知のとおり家は人が住んでいないと傷みが早くなります。

雨漏りしたり湿気で床が凹んだりすることもよくある話です。

そんな状態から急に人に貸し出すので、修理や補修の負担をどちらが受け持つかということで悩む人が多いのです。

貸したいけどコストをかけたくない」という空き家所有者の声をよく聞きます。

そして「リフォームも修理も自由だけど全て借主負担にしたいが有効なのか」と気にしている人は多い様です。



集めた情報を整理すると双方間で合意をすれば一般常識から逸脱した様に見える賃貸契約ですが〈有効〉と考えられている様です。

ここでのポイントは消費者(つまり借主)を保護・有利にするのであれば問題ないのでは、とされています。

今回のケースでは

原状回復は要求しない

改造は借主が勝手にしても良い

ということで有効と考えられるのではという見解です。



この手の賃貸のトラブルは多く紐解いて分かったことが

「何も考えず徒前の契約書を用いて、あわよくば自分(貸主)有利にできないかしか考えていない

貸主も契約条項を全く理解していない

という考えがトラブルの原因である場合が多いということ。



意地悪な意図・無知・借主のことを考えていないということに基づいたものはトラブルの基になりますので十分に注意しましょう。



空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家活用のデメリットでどうすれば良いかわからない

空き家の所有者の多くの方は「どうすれば活用ができるのか」に頭を悩ませる人がいる一方で、「空き家を放っておくなんてもったいない、使わないならば安く貸してほしい」というニーズも確かに存在します。 〈・・・

空き家 賃貸活用 デメリット

空き家の対処方法の種類は多岐に渡ります。 解体、売却、賃貸、店舗化、更地にして売却、リフォーム等々があり選択肢が多いのが特徴です。 空き家の活用方法としては大きく分けると売却するか賃貸とい・・・

空き家賃貸活用 失敗事例 埼玉

山梨県に住むCさんは、両親が住んでいた埼玉県の空き家を相続しました。 放っておいてはもったいないと、賃貸戸建として活用することにしました。 しかし、築年数も古く、何年も空き家になっていたた・・・

空き家賃貸活用 修繕費用で大損

相続した実家を賃貸活用することにしたUさんの事例です。 Uさんの実家は神奈川県のベッドタウンにありました。 駅からも近く、敷地面積も広かったので不動産会社に依頼をして募集をかけると借りたい・・・

空き家 不動産業者

空き家を賃貸として貸し出すことは、その地域の定住促進に繋がり、また人が住むことで家の寿命が延びるために空き家の賃貸は維持管理としても活用方法としても注目が集まっています。 しかし、空き家の賃貸に・・・

空き家 トラブル

空き家を賃貸として活用する場合は他にも幾つかの注意点があります。 ◆空き家に残った荷物を片付ける必要がある。 ↓ 当たり前に聞こえるかもしれませんが、この手のトラブルはよく聞きます。・・・