空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

空き家 賃貸活用 デメリット

空き家の対処方法の種類は多岐に渡ります。

解体、売却、賃貸、店舗化、更地にして売却、リフォーム等々があり選択肢が多いのが特徴です。

空き家の活用方法としては大きく分けると売却するか賃貸という方法があります。

継続的な収入が欲しい」、「住みはしないけども手放したくはない」などのニーズが多く、空き家を人に貸すケースが少なくありません。

賃貸戸建として貸すことは用途変更や面倒な手続きもなく、不動産会社に依頼して宣伝活動をしてもらい借主が決まれば家賃収入を得ることができます。



手軽でメリットも多く望めそうな賃貸活用ですが安易に始めてはいけません。

賃貸活用にもデメリットもありますが、重要な点を把握しないまま始めてしまうと後で大きなトラブルに繋がりますので注意が必要です。

空き家は新築物件とは違いますので賃貸として活用する場合は、貸主としてどこまで借主の要望に対応するか考慮して線引きをするかがとても大切なポイントです。

リスクをしっかりと把握して向き合ってしっておかないと貸主として失格です。



賃貸契約は貸主と借主が賃貸条件で合意することで成立します。

貸主は住む場所を提供して、借主はそれに対して対価を支払います。

書面上で家賃や契約期間という主要な部分のみしか見ていないというのは、貸主側にとっても借主側にとってもトラブルに繋がるので注意しましょう。

空き家は新築ではなく築年数が30年を超えるものがほとんどです。
想定外のトラブルも起こります。

修繕の負担区分などの細かな取り決めをしておかないと、後々にトラブルが起こったときに予期せぬ出費が発生することがあります。



空き家を所有することになっても不動産に関して素人の方がほとんどです。

賃貸として活用する場合は取り決めなどにも気軽に相談できて、かつ真摯に対応してくれるプロに依頼をしましょう。



また、実家を賃貸に出すという結論にしても借主がいつ決まるかはわかりませんので注意が必要です。

すぐに借主をすぐに見つけてくれるだろう」、「どこかに借りたい人がいるだろう」と希望的観測でいても、借主が決まる間の期間の維持管理の費用や手間は所有者が負う必要があるので「業者にとりあえず依頼したから良い」とタカをくくっていては継続的な負担を背負うことになります。

不動産業者側も宣伝活動をしてまで借主を見つけるメリットがないと積極的に動いてはくれません。

どうしても借りたい人が多い物件やメリットが大きい物件の優先順位を上げて宣伝活動をするのが自然な流れです。

・状態が良いからそのまま貸すことができる

・損傷箇所をリフォームしないと貸せない

・リノベーションをして物件価値を高めてからでないと物件を賃せない

という判断は素人には付きません。

費用が必要な場合は経済的なリスクも背負うことになります。

そのため空き家を所有することになれば、真摯に対応している各プロで構成される相談センターや第三者機関である協会がありますので、まずはそういったところに相談することが大切です。


空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家活用のデメリットでどうすれば良いかわからない

空き家の所有者の多くの方は「どうすれば活用ができるのか」に頭を悩ませる人がいる一方で、「空き家を放っておくなんてもったいない、使わないならば安く貸してほしい」というニーズも確かに存在します。 〈・・・

空き家賃貸活用 失敗事例 埼玉

山梨県に住むCさんは、両親が住んでいた埼玉県の空き家を相続しました。 放っておいてはもったいないと、賃貸戸建として活用することにしました。 しかし、築年数も古く、何年も空き家になっていたた・・・

空き家賃貸活用 修繕費用で大損

相続した実家を賃貸活用することにしたUさんの事例です。 Uさんの実家は神奈川県のベッドタウンにありました。 駅からも近く、敷地面積も広かったので不動産会社に依頼をして募集をかけると借りたい・・・

空き家 不動産業者

空き家を賃貸として貸し出すことは、その地域の定住促進に繋がり、また人が住むことで家の寿命が延びるために空き家の賃貸は維持管理としても活用方法としても注目が集まっています。 しかし、空き家の賃貸に・・・

空き家 トラブル

空き家を賃貸として活用する場合は他にも幾つかの注意点があります。 ◆空き家に残った荷物を片付ける必要がある。 ↓ 当たり前に聞こえるかもしれませんが、この手のトラブルはよく聞きます。・・・

空き家 貸主の悩み

相続で空き家を引き継ぐも活用方法が定まらずに頭を抱えている人は多い様です。 そんな中、知人からの紹介や些細なことから急に「空き家を住みたいので貸して欲しい」と言われて嬉しい反面で、頭を抱える人が・・・