空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  実家を賃貸して空き家活用したいけど… > 空き家活用のデメリットでどうすれば良いかわからない

空き家活用のデメリットでどうすれば良いかわからない

空き家の所有者の多くの方は「どうすれば活用ができるのか」に頭を悩ませる人がいる一方で、「空き家を放っておくなんてもったいない、使わないならば安く貸してほしい」というニーズも確かに存在します。

空き家〉というキーワードが世間に浸透してきたのかそういった声はますます増えてきている様に感じます。

確かに良い立地であったり、綺麗な状態の利便性の高い空き家を放っておくのはもったいないように思います。

ただ、空き家の所有者でもいろんな方がいます。

多くの方が「活用すれば良いじゃないか」という意見をよそに、活用の必要性を感じていない人もいます。

そういう方には「活用した方が良い」という正論は、「私のものなんだから勝手にさせてくれ」という拒否反応に繋がります。

心理的には「タバコをやめた方が良い」という正論に対して「放っておいてくれ」という感覚に似ているなといつも思います。



空き家所有者には活用するメリットを頭では理解していても、リスクを感じてなかなか踏み出せないという人が多いようです。

貸したらどんな人が入居するかわからない」、「一度貸したら、必要な時に使えない」、「活用するとご近所さんはどう思うだろうか」などと色んな心配の声があります。

空き家を持っている人は「不動産という資産持っている人」であって「不動産経営の玄人」ではありません。

たまたま誰も済まなくなった実家を相続することになって活用してみようと思っても、現実的なリスクがわからずに判断できないままでいるケースが多いのです。



このことは誰にでも該当しますので、焦って「なんとかしなければ」と冷静さを失うことには注意しましょう。

空き家を所有したことを不動産業者が嗅ぎつけると、いろんな業者が寄ってきます。

自社の利益を第一にしか考えず「アパートを建てませんか」、「リフォームしませんか」という提案も多くあると思います。

聞いたことのある大手の不動産会社だからといって盲信するのもやめましょう。

逆に大手ほど活用依頼メリットは少ないケースは多いです。



空き家が騒がれてから空き家の活用方法も進化してきました。

ただ売る、ただ貸す、ただ壊すという様な時代ではありません。

リフォームやメンテナンスをして不動産価格を上げてから活用するという方法が今では主流になってきました。

傷んだ箇所を少し直すだけでも印象は大きく変わります。

リフォームをするとなるとまるで新築かと見間違うくらいのクオリティです。

費用を従来の半額にまで抑えているにも関わらず、まるで新築の様にしてくれる業者もあります。

そして活用したメリットで工事費を支払い、手元に差額分の金額を残す方が増えています。



賃貸経営を希望される方でも多くの方は素人です。

質の悪い不動産業者にいいようにされて工事費だけを取られるというリスクもあります。

修繕や建築費用でいくら支出が発生するかわからないという不安もあります。

賃貸提供したはいいものの入居者がいなかったどうしようという不安もあります。

賃貸経営はうまくいけば毎月の家賃収入が発生しますが、逆に負債だけが残る場合もあります。

賃貸経営にはリスクがつきものなので、不安が少しでもある方は一括借上げ(サブリース)という方法もおすすめします。

一括借上げ(サブリース)とは提供する賃貸管理会社が空き家を借上げて賃料を一定保証してくれるシステムです。

その際の入居者の募集や維持管理業務は全て賃貸管理会社が行ってくれます。

どうしても修繕が必要な場合は入ってくる賃料内に収まる範囲で修繕工事を実施し、実質負担なしで不動産価格を上げて活用している方も多くなりました。



大切なことは「相談を誰にするか」です。

現在は空き家に関しての総合的なアドバイスやコンサルティングをしているのは不動産業者です。

ですが不動産業者の中には自分の利益しか考えていないグレーな企業も多く存在します。

グレーどころかブラックの企業もあります。

相談先を間違ってしまうと不必要な費用を計上されて空き家所有者の活用メリットが著しく減ることになりますので相談する相手は誰にするかをしっかりと吟味する必要があります。

決して〈近いから〉や〈広告宣伝しているから〉だけでは決めない様にしましょう。

ハズレの不動産会社に空き家について相談をしてしまうと、まんまと不動産会社にとって良い様に扱われて所有者にとっては〈不動産〉が〈負動産〉になりかねません。

不動産業者を選定する際はシビアになって下さい。



それか空き家に関して真摯に対応している企業が連なって総合的な対応をしている相談センターがありますのでそういったところに聞くのが一番良いでしょう。



空き家に関する様々な問題や対応に関する第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関連する解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家 賃貸活用 デメリット

空き家の対処方法の種類は多岐に渡ります。 解体、売却、賃貸、店舗化、更地にして売却、リフォーム等々があり選択肢が多いのが特徴です。 空き家の活用方法としては大きく分けると売却するか賃貸とい・・・

空き家賃貸活用 失敗事例 埼玉

山梨県に住むCさんは、両親が住んでいた埼玉県の空き家を相続しました。 放っておいてはもったいないと、賃貸戸建として活用することにしました。 しかし、築年数も古く、何年も空き家になっていたた・・・

空き家賃貸活用 修繕費用で大損

相続した実家を賃貸活用することにしたUさんの事例です。 Uさんの実家は神奈川県のベッドタウンにありました。 駅からも近く、敷地面積も広かったので不動産会社に依頼をして募集をかけると借りたい・・・

空き家 不動産業者

空き家を賃貸として貸し出すことは、その地域の定住促進に繋がり、また人が住むことで家の寿命が延びるために空き家の賃貸は維持管理としても活用方法としても注目が集まっています。 しかし、空き家の賃貸に・・・

空き家 トラブル

空き家を賃貸として活用する場合は他にも幾つかの注意点があります。 ◆空き家に残った荷物を片付ける必要がある。 ↓ 当たり前に聞こえるかもしれませんが、この手のトラブルはよく聞きます。・・・

空き家 貸主の悩み

相続で空き家を引き継ぐも活用方法が定まらずに頭を抱えている人は多い様です。 そんな中、知人からの紹介や些細なことから急に「空き家を住みたいので貸して欲しい」と言われて嬉しい反面で、頭を抱える人が・・・