空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  空き家の何が問題 > 空き家を活用できない原因

空き家を活用できない原因

空き家を正式に相続するのは一人ではない場合があります。

相続の際には不動産は割り切れないのだから、その分の埋め合わせとして現金を…という話ではありません。

割り切れない不動産を割ってしまう方法があるのです。



それは〈共有持分〉という考え方です。

共有持分で所有されている空き家はその所有者達の持ち物になります。

共有の持ち物になりますので、今後の対応をどうするかの決断は所有者達(兄弟であることがほとんど)で同意することが必要です。

精神論的に「家族のみんなで決めることはなんら悪いことではない」となりそうですが、状況がそれぞれ違う兄弟姉妹が同じ決断を出すことは大変なことです。

しかも共有者は複数になればなるほど大変さは、お分かりのように比例していきます。



もし共有者間で今後の対応をどうするか意見が分かれれば、その間は実家は何の対処もされずに放置されることになります。

その時間は長期化することも少なくなく、いずれ周囲の近隣住民に危険や迷惑を及ぼす危険空き家にまで発展する可能性が高まります。



もし実家の活用方法で方向が一致したとします。

例えば売却だったとしても、共有者間での取り分や売却価格はいくらにするか、売却させるにあたって誰がいつ何をするべきなのか、必要経費は誰がいくら支払うのかを決めなければならず全員で合意することが必要です。

こういった細かな部分に関しても全員で理解して同意することが必要ですが兄弟姉妹全員が近くに住んでいると限られません。

もう想像がついていただけたと思いますが共有者間での合意は大変な手間がかかります。

またこの合意に至るまでの話し合いの過程で共有者間で大ゲンカに発展することも珍しくはありません。



空き家になるであろう実家の今後の対応方法は事前に決めておくことが必要です。

空き家になってからでは時間も大敵です。

活用するにあたっても老朽化しては価値が目減りしますし、近隣住民にも迷惑をかけることになります。

ベストなのは活用方法や詳細事項まで全て決めてあることです。



その一時の労力を惜しんで

空き家になったらなったでその時に皆で決めよう」などと言って決断を先延ばしにする決断をしてはいけません。

共有持分は聞こえは良いですが、その後の苦労は大変なものがあります。

意見が分かれて活用されずに放置してしまうとせっかくの活用のチャンスもなくなります。

家族間や兄弟間に知識や専門性がある人がいればいいですが、その様なケースは稀です。

今後の活用方法に関して結論を出す際にはちゃんと誠意ある専門家に入ってもらいましょう。



しかし士業の先生や不動産業者の間でも〈相続〉というのは大きなビジネスチャンスになります。

士業の先生でも実は相続案件をちゃんと捌ける人は税理士や司法書士問わず1%に満たないのが現状です。

相続案件に対応できること〉と〈相続案件を今後対応していきたい〉というのは士業の先生のクオリティは雲泥の差です。

ですので「近いから」、「昔からやっているから」、「相続対応していると宣伝しているから」という理由だけで安易に士業の先生を選ぶと納得のいく相続対応ができず余計に話がこじれてしまいますので注意しましょう。



不動産業者も相続の際には不動産の活用・対応方法で動くので相続というのは嬉しい響きになります。

不動産業者でも勿論まっとうに空き家案件に対応している業者ありますが、自社の利益にさえなれば良いと考えている業者が非常に多くあります。

グレーどころかクロの業者も多いのです。

売却を考えていても販売活動に積極的になってくれなかったり…

活用といって賃貸のためにアパート建築を勧められるも建築費用を下請け業者に直接問い合わせると60%の金額で建てられると後で分かったり…

リフォームをして活用しようとしたがずさんな工事で高額の工事費を取られたり

リフォームの見積書を出した後に工事をしたが完成した後に「これとこれが必要でしたからこの金額になりました」と言われたり…

そのため不動産の専門家はシビアに選ぶことが必要です。

この選択を間違うと活用の成否は大きく変わりますので注意が必要です。



第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関しては解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家の庭木や雑草増加で通報

空き家条例の制定が全国的に促進している中で、全国の市町村は空き家オーナーに適正管理を促すように助言、指示、勧告、命令を行いました。 多くの空き家所有者はその通達に驚き、「対策を取らねばならない」・・・

空き家は空き巣の危険性も増加

空き家は外国人や近所の中学生や暴走族などの不審者が侵入する危険性が高いです。 近年、多い事件がエアコンや室外機、給湯器などの建物外部にある設備の盗難です。 他にも空き家への住み着きや麻薬の・・・

害虫が原因で解体し大損

空き家を所有していて近隣住民に多大な迷惑と危険を及ぼすことは建物の倒壊です。 倒壊には老朽化という原因も考えられますが、特に大きく影響するのがシロアリです。 ご存知だとは思いますがシロアリ・・・

迷惑空き家になる原因

空き家の所有者の多くは「思い入れのある実家なので適切に管理したい」と考えています。 そして実際にも必要な管理を行っています。 しかし空き家に関する問題やトラブルは絶えません。 所有者・・・

所有することで危険性のある空き家

空き家を所有することになった方の中には 「あ、そっか。これからどうしようかな。」 とあまり危機感がない人がいます。 しかし、何も対処もせずに放っておくと近隣住民に危険を及ぼしたり不快・・・

空き家問題の原因

空き家が社会問題として騒がれていますが、ではなぜ空き家が発生してしまうのでしょうか? 1つめは引越しです。 転勤などで転居した場合に賃貸や売却されなければ、そのまま空き家になってしまいます・・・

空き家 問題対策

売却や賃貸などの活用や解体や売却など対応を検討されていない、いわゆる空き家は区分上でいうと〈その他住宅〉と分類されます。 この場合は住宅を管理するのは、近隣住民への配慮や行政指導に対処するためと・・・

空き家の対策

空き家に関しては多くの方にとって誤解があります。 ゴミ屋敷・倒壊の危険性がある・外国人や若者の溜まり場になっているといった【問題空き家】と、空き家の増加によってもたらされる社会的な【空き家問題】・・・