空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

空き家の対策

空き家に関しては多くの方にとって誤解があります。

ゴミ屋敷・倒壊の危険性がある・外国人や若者の溜まり場になっているといった【問題空き家】と、空き家の増加によってもたらされる社会的な【空き家問題】を混同している人が非常に多いです。



問題空き家】に関しては所有者がしっかりと管理して解体や補修などの対応をする必要があります。

近隣住民に危険を及ぼしていることや迷惑をかけているにも関わらず放置されている空き家は〈特定空き家〉に指定されます。

特定空き家の所有者は行政代執行や罰金の対象になります。



しかし、これだけでは社会問題化している【空き家問題】は解決しません。

空き家の戸数を対策するということは新築住宅の建築の規制と同時に中古住宅の流通促進や使われていない空き家は解体されないといけません。

これは個々人だけでの問題ではなく日本が抱える社会的な課題です。

空き家が増えてしまっている要因は一概には言えません。

ですが住宅戸数としての数は十分にも関わらず新築住宅を造り続けていることが大きく占めると思います。

多くの不動産会社やホームメーカーの供給している新築住宅が日本経済の重要な要にもなっているからです。

これら上記の会社には内装会社や建材、住宅設備、人材が関わっています。



ですが空き家が社会問題化されている今、対策を行政も模索しています。

空き家にまつわる企業や情報が今後多くなっていくことでしょう。

空き家は不動産ですが対処や活用するパートナー選びを間違うと負動産になってしまいます。

空き家を活用や対処しようと思っている方は真摯に空き家対策を遂行している会社や企業が連なって総合的な対応をしている相談センターがありますのでそういったところに聞くのが一番良いでしょう。



第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関しては解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家の庭木や雑草増加で通報

空き家条例の制定が全国的に促進している中で、全国の市町村は空き家オーナーに適正管理を促すように助言、指示、勧告、命令を行いました。 多くの空き家所有者はその通達に驚き、「対策を取らねばならない」・・・

空き家は空き巣の危険性も増加

空き家は外国人や近所の中学生や暴走族などの不審者が侵入する危険性が高いです。 近年、多い事件がエアコンや室外機、給湯器などの建物外部にある設備の盗難です。 他にも空き家への住み着きや麻薬の・・・

害虫が原因で解体し大損

空き家を所有していて近隣住民に多大な迷惑と危険を及ぼすことは建物の倒壊です。 倒壊には老朽化という原因も考えられますが、特に大きく影響するのがシロアリです。 ご存知だとは思いますがシロアリ・・・

迷惑空き家になる原因

空き家の所有者の多くは「思い入れのある実家なので適切に管理したい」と考えています。 そして実際にも必要な管理を行っています。 しかし空き家に関する問題やトラブルは絶えません。 所有者・・・

所有することで危険性のある空き家

空き家を所有することになった方の中には 「あ、そっか。これからどうしようかな。」 とあまり危機感がない人がいます。 しかし、何も対処もせずに放っておくと近隣住民に危険を及ぼしたり不快・・・

空き家問題の原因

空き家が社会問題として騒がれていますが、ではなぜ空き家が発生してしまうのでしょうか? 1つめは引越しです。 転勤などで転居した場合に賃貸や売却されなければ、そのまま空き家になってしまいます・・・

空き家 問題対策

売却や賃貸などの活用や解体や売却など対応を検討されていない、いわゆる空き家は区分上でいうと〈その他住宅〉と分類されます。 この場合は住宅を管理するのは、近隣住民への配慮や行政指導に対処するためと・・・

空き家を活用できない原因

空き家を正式に相続するのは一人ではない場合があります。 相続の際には不動産は割り切れないのだから、その分の埋め合わせとして現金を…という話ではありません。 割り切れない不動産を割ってしまう・・・