空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る

害虫が原因で解体し大損

空き家を所有していて近隣住民に多大な迷惑と危険を及ぼすことは建物の倒壊です。

倒壊には老朽化という原因も考えられますが、特に大きく影響するのがシロアリです。

ご存知だとは思いますがシロアリの食べ物は木材です。

建物の柱や重要な梁という建物全体を支える構造部分もところかまわず食べてしまいます。

シロアリの被害にあうと建物の構造強度が弱くなり、遂には自重に耐え切れなくなり倒壊してしまう確率が大幅に上がります。



シロアリは空き家だから繁殖し集まるのではありません。

シロアリは人が住んでいようと住んでいなかろうと発生します。

しかし人が住んでいるのと住んでいないとでは、シロアリの被害に気づいた時点で駆除することや補修することができます。

放置されている空き家ではなかなか気づかれずに、気づいた時点では柱や梁の内部が食われてしまってスカスカになり手遅れということも少なくありません。



シロアリは湿気が好きで、特に濡れた木材を好んで食べます。

そのため風通りがされていないと被害に遭いやすくなります。

空き家に定期的に通い、風通しをすることはシロアリという観点でも非常に重要になるのです。

また、空き家に立ち寄った際は床下などを見てみる機会も作りましょう。

シロアリは色も形も普通のアリとは違うので比較的簡単に発見することができます。

シロアリの通った跡の蟻道や白砂状態の糞を確認したり、シロアリの食害にあった柱は中が空洞なので柱を叩いて確認する方法もあります。



シロアリの怖さは移動するという点もあります。

繁殖して増加すると隣家へ少しずつ移動していき倒壊の危険を及ぼします。

放置空き家がシロアリの被害もあり倒壊寸前の状態だと近隣住民にも多大な迷惑を被ることになります。

もはや自分だけの問題ではなく、近隣住民から「空き家を解体撤去してほしい」と要請がくることもあるでしょう。

ことが大きくなると損害賠償の裁判にまで発展しかねません。



シロアリを放置してしまうと、活用できたはずの空き家ですら不動産価値も暴落し迷惑物件になります。

賃貸などで運用できる資産から、解体費用や税金などを取っていく負債に変わります。

シロアリの発生に関わらず、空き家を所有することになったら対応は早急にしましょう。

時間が経つほどに資産価値は目減りしていくと考えても良いです。

しかし、空き家を所有することは人生の中で一度あるかないかの大イベントです。

不動産を有効に活用することに関しては、ほとんどの方が素人ですので所有者の家族内だけでは有効活用の結論が出せないこともあります。



大切なのは「誰に相談するか」です。

空き家に関しては誰にでも相談しても良いものではありません。

焦って闇雲に素性のわからない不動産会社に相談することは、むしろ危険です。

空き家活用をどうすれば良いかわからないのをいいことに、「アパートを建てて有効活用しましょう」などといって「空き家活用」という名前を借りて自社商品を売りたいだけの会社も非常に多いのが現状です。

誰しもが聞いたことがある大手の不動産会社であってもそうですので、注意が必要です。



空き家は一件ごとに状況や立地、状態が違います。

空き家活用の対応で求められるのは豊富な知識、経験、柔軟な発想、ニーズを聞き出すヒヤリング力、それらを伝えるコミュニケーション能力が必要であり、その道のプロでないと難しいのが現状です。

相談する相手を間違うと良いように扱われて不動産資産が負動産負債になります。

そのため相談する不動産会社を選定するときはシビアな観点で選んでください。



まずは総合的な相談窓口である協会や連盟に相談することも有効でしょう。



第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関しては解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家の庭木や雑草増加で通報

空き家条例の制定が全国的に促進している中で、全国の市町村は空き家オーナーに適正管理を促すように助言、指示、勧告、命令を行いました。 多くの空き家所有者はその通達に驚き、「対策を取らねばならない」・・・

空き家は空き巣の危険性も増加

空き家は外国人や近所の中学生や暴走族などの不審者が侵入する危険性が高いです。 近年、多い事件がエアコンや室外機、給湯器などの建物外部にある設備の盗難です。 他にも空き家への住み着きや麻薬の・・・

迷惑空き家になる原因

空き家の所有者の多くは「思い入れのある実家なので適切に管理したい」と考えています。 そして実際にも必要な管理を行っています。 しかし空き家に関する問題やトラブルは絶えません。 所有者・・・

所有することで危険性のある空き家

空き家を所有することになった方の中には 「あ、そっか。これからどうしようかな。」 とあまり危機感がない人がいます。 しかし、何も対処もせずに放っておくと近隣住民に危険を及ぼしたり不快・・・

空き家問題の原因

空き家が社会問題として騒がれていますが、ではなぜ空き家が発生してしまうのでしょうか? 1つめは引越しです。 転勤などで転居した場合に賃貸や売却されなければ、そのまま空き家になってしまいます・・・

空き家 問題対策

売却や賃貸などの活用や解体や売却など対応を検討されていない、いわゆる空き家は区分上でいうと〈その他住宅〉と分類されます。 この場合は住宅を管理するのは、近隣住民への配慮や行政指導に対処するためと・・・

空き家を活用できない原因

空き家を正式に相続するのは一人ではない場合があります。 相続の際には不動産は割り切れないのだから、その分の埋め合わせとして現金を…という話ではありません。 割り切れない不動産を割ってしまう・・・

空き家の対策

空き家に関しては多くの方にとって誤解があります。 ゴミ屋敷・倒壊の危険性がある・外国人や若者の溜まり場になっているといった【問題空き家】と、空き家の増加によってもたらされる社会的な【空き家問題】・・・