空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  空き家の何が問題 > 空き家の庭木や雑草増加で通報

空き家の庭木や雑草増加で通報

空き家条例の制定が全国的に促進している中で、全国の市町村は空き家オーナーに適正管理を促すように助言、指示、勧告、命令を行いました。

多くの空き家所有者はその通達に驚き、「対策を取らねばならない」と感じてリアクションを促すには良い機会になりました。

その中でも多かったのは、「長い間空き家を管理しておらず現在どんな状態になっているのか怖い」というケースでした。



東京に住んでいるNさんの事例です。

Nさんは山梨県に住んでいる母親が老人ホームに入所することをきっかけに実家が空き家になりました。

はじめのうちこそは年に何度か通い、管理をしていたのですが負担も大きく徐々に行かなくなりました。

そしてほとんど行かなくなってから暫くしてから、実家のある山梨県から1通の手紙が届きました。

中をみてみると「庭の管理がされていないので適正に管理をして下さい」とのことでした。

Nさんは突然の市町村からの通知に驚き、すぐに役所に連絡をしました。

内容を聞くと、「庭の柿の木が大きく成長して隣家にも道路にもはみ出している」とのことでした。



Nさんは時間を取り、直近の休日に久しぶりに山梨県にある実家を訪れました。

役所からの通知どおりで実家はひどい有様でした。

草木も生い茂っており腰の高さまでありました。

門扉にも及びかき分けないと敷地内にも入れない状態でした。

景観を悪化させているのは柿の木だけの影響ではありませんでした。

その後Nさんは母親のいる施設に行き、役所から通知があった旨を話しました。

柿の木が大きくなり過ぎていて、隣家にも迷惑をかけるかもしれないので切ろうと思っている

と伝えるとNさんの母親は

「小さい頃から一緒に成長した木なんだ。あれは両親が植えてくれた思い出深い木だから切らないでほしい

と反対しました。

Nさんは枝をとりあえず切るだけにしようと思いましたが、体調があまり優れず何もできずじまいで東京に戻ることになりました。



それから約1ヶ月した頃でした。

再度、役所から通知がNさんのもとに届きました。

前回と同じ様に「庭の適正管理を行う様に」と書いてありました。

ただ、前回と一つだけ違う点は手紙の表には〈指示書〉と書いてあったことです。

Nさんは母親の気持ちも考慮し役所にそれを伝えるために連絡しました。

すると

「お母さんが出来ないのであれば仕方がないが、それであれば息子であるNさんがちゃんと管理してほしい

と告げられました。

Nさんは了承し、再度時間を作って山梨県の実家に行くことにしました。

夏を超えたこともあり、草木は前回と同じように生い茂っておりジャングルの様になっていました。

住まないとこんなにも荒れるスピードは早いものかとNさんは痛感したそうです。

Nさんはまず草抜きから始めました。

とてつもない量の草木だったので疲労困憊になりNさんは動けなくなりました。

また、柿の木の対処もできぬままに東京に戻ることになりました。



Nさんは役所の通知どおりに対処の意思はありますが、なかなか対応できずにいると今度は役所から〈勧告〉を受けてしまいました。

「自分で管理が出来ないのであれば、どこかにお願いして対処してほしい。このまま放置すると行政代執行で強制的に撤去することになる」

と書いてあり、驚いたNさんは業者に委託して柿の木を切ってもらいました。



空き家に関する悩みは売りたい、貸したいなどの活用をどうしたら良いかというものだけではありません。

今回のNさんの様に木や草木をどうしたら良いかという悩みのものもあります。

空き家に関しては総合的なアドバイスは不動産会社が行っていますが、維持管理などに関しては対処できません。

そのため空き家に関する悩みがある時は、空き家に関する総合的な相談窓口や協会があるのでそういったところに相談しましょう。

自分だけで悩みを抱えていてもどうしようもない場合が多いですので、まずは専門家に相談するのが一番のおすすめです。



第三者の専門家による相談窓口として、『全国不動産相談センター』をご紹介します。

全国不動産相談センター』はリフォーム業者や解体業者、不動産業者ではありません。

主に不動産にまつわる相談事に対応してくれますが、空き家活用を考えている人や空き家の対応や処分に迷われている人も多く活用されている公平中立な相談窓口です。

空き家に関しては解体・売買・相続・賃貸・維持管理・遺品整理など様々な相談対応を行っています。

〈売り手の業者〉ではないので空き家所有者の目線で専門家が相談に対応してくれます。

空き家の対応のセカンドオピニオンとしても活用してみるのも良いと思います。



また、必要の際は全国の信頼のおける優秀かつ優良な専門家や専門業者も紹介してくれます。

空き家が社会問題になってから相談実績も多く、沢山の相談対応もしている様です。

相談料も無料なので、気軽に相談してみると良いと思います。

『全国不動産相談センター』への問合せはこちらから
関連コンテンツ

空き家は空き巣の危険性も増加

空き家は外国人や近所の中学生や暴走族などの不審者が侵入する危険性が高いです。 近年、多い事件がエアコンや室外機、給湯器などの建物外部にある設備の盗難です。 他にも空き家への住み着きや麻薬の・・・

害虫が原因で解体し大損

空き家を所有していて近隣住民に多大な迷惑と危険を及ぼすことは建物の倒壊です。 倒壊には老朽化という原因も考えられますが、特に大きく影響するのがシロアリです。 ご存知だとは思いますがシロアリ・・・

迷惑空き家になる原因

空き家の所有者の多くは「思い入れのある実家なので適切に管理したい」と考えています。 そして実際にも必要な管理を行っています。 しかし空き家に関する問題やトラブルは絶えません。 所有者・・・

所有することで危険性のある空き家

空き家を所有することになった方の中には 「あ、そっか。これからどうしようかな。」 とあまり危機感がない人がいます。 しかし、何も対処もせずに放っておくと近隣住民に危険を及ぼしたり不快・・・

空き家問題の原因

空き家が社会問題として騒がれていますが、ではなぜ空き家が発生してしまうのでしょうか? 1つめは引越しです。 転勤などで転居した場合に賃貸や売却されなければ、そのまま空き家になってしまいます・・・

空き家 問題対策

売却や賃貸などの活用や解体や売却など対応を検討されていない、いわゆる空き家は区分上でいうと〈その他住宅〉と分類されます。 この場合は住宅を管理するのは、近隣住民への配慮や行政指導に対処するためと・・・

空き家を活用できない原因

空き家を正式に相続するのは一人ではない場合があります。 相続の際には不動産は割り切れないのだから、その分の埋め合わせとして現金を…という話ではありません。 割り切れない不動産を割ってしまう・・・

空き家の対策

空き家に関しては多くの方にとって誤解があります。 ゴミ屋敷・倒壊の危険性がある・外国人や若者の溜まり場になっているといった【問題空き家】と、空き家の増加によってもたらされる社会的な【空き家問題】・・・