空き家 活用 失敗事例のTOPに戻る
「空き家 活用 失敗事例」トップ >  民泊の失敗事例 > 民泊の撤退サービスの失敗事例

民泊の撤退サービスの失敗事例

民泊ビジネスを撤退する人が増えています。

特に、2018年6月15日の民泊新法施行により、賃貸物件での民泊は全面禁止になります。

都市部では、サラリーマンの副業として民泊ビジネスが流行りましたが、ほとんどが賃貸物件の転貸です。

転貸禁止、民泊禁止の物件で、隠れて民泊をしている人もたくさんいますが、民泊新法により禁止になります。
※民泊は、あくまでも持ち家を持っている人がやるものということですね。

賃貸物件での民泊は、そもそも家賃がかかっていますから、ビジネスメリットは少ないです。
「民泊をやってみたけどうまくいかなかった…」という人たちや、賃貸物件の民泊が管理会社にバレて退去しなければならない人などが増えています。

民泊を撤退する際に、撤退サービスの業者がありますが、民泊撤退サービス業者によるトラブルが増えていますので、注意してください。

民泊撤退サービス業者の失敗事例をご紹介します。

【失敗事例:追加料金をボッタくられた】
サラリーマンのAさんは東京都の新宿に民泊物件を持っていました。

「不動産投資より初期投資が少ないし、サラリーマンの副業になる」と聞いて始めてみた民泊でした。

賃貸マンションを借りて転貸して民泊をしていましたが、実際にやってみるとうまくいきませんでした。

新宿の民泊は価格競争が激化していました。

民泊に泊まりたい人のほとんどは「宿泊費が安いから」という理由で民泊を利用します。

周りの民泊がどんどん値を下げていき、Aさんも宿泊費を下げるしかありませんでした。

ですが、家賃もかかっている部屋のため、どんどん儲からないビジネスになってしまったのです。

宿泊費を下げると、部屋の使い方が荒い宿泊客が増えました。

特に、外国人宿泊客の部屋の使い方はひどく、部屋を汚されてしまうことが多くありました。

また、宿泊費を下げたことによって、クレームも増えました。

「富裕層を相手にすれば良かった…」とAさんが思ったときには、時すでに遅し。
「このまま民泊を続けても割に合わない」と思ったAさんは、民泊ビジネスを辞めることにしました。

Airbnbの予約状況を確認して、最後の予約のお客さんが帰ったら、その後すぐに物件を退去することにしました。

Aさんは昼間仕事をしていましたので、民泊の部屋の片づけをする時間がなかなかとれません。

不用品回収業者もネットで調べてみましたが、料金が高いのでやめました。

そんなとき、ネットで民泊撤退サービスの会社を見つけました。

「こんな商売があるのか!」と驚きましたが、値段も安そうだったため、思い切って見積もりを頼んでみました。

現場の下見の立ち合いも不要ということでしたので、カギだけ渡して下見をしてもらい、見積もりを出してもらいました。

金額は3万円台と非常に安かったことや、退去日も迫っていたため、Aさんはその撤退業者にお願いすることにしました。

ところが、撤退業者の作業当日、業者からAさんに電話が入りました。

「想定よりゴミが多いのと、引き取ろうと思っていた家電の調子が悪い。ゴミも家電も廃棄処分をする必要があり、追加料金をいただきます」とのことでした。

追加の請求金額はなんと6万円。

合計10万円近くの費用がかかってしまいました。

Aさんは現地にいなかったこともあり状況がよくわからなかったことと、退去日が迫っていたため今日中に何とかしてもらわないと困るという焦りもあり、泣く泣く追加料金を支払いました。

後日、知り合いにその話をしたところ「ゴミや家電の廃棄だけでそんなにお金をとるのはおかしい!ボッタくりじゃないか!」と言われました。

Aさんは、まんまと民泊撤退サービス業者に騙されてしまったのです。
↓↓↓
民泊撤退サービスの業者にボッタくられる事例が増えていますので、注意してください。

民泊新法の施行もあり、撤退業者にとっては大きなビジネスチャンスなのです。

悪徳な撤退業者の特徴は「見積もりの金額が安いこと」です。

見積もりを安く出しておいて契約をとり、撤去日に高額な追加料金を請求してくる手口です。

特に、仕事が忙しいサラリーマンの民泊撤退を狙っているケースが多いようです。

忙しいサラリーマンの人は、現地の立ち合いができず現地の状況がよくわからないことで追加料金を払ってしまいます。

賃貸物件の場合は、退去日が迫っていると何とか撤去してもらわないといけません。

退去日ギリギリで別の業者を探すと、急な依頼で料金が高くなることや、そもそも依頼を受けてくれる保証がありません。

悪徳な撤退業者はそうした弱みに漬け込んで追加料金の請求をしてきます。

仕事が忙しくて「立ち会い不要」がありがたいのはよくわかりますが、業者とは顔を合わせて、本当に信頼できそうかどうか確かめましょう。

民泊の撤退作業の実績がどれくらいあるのかも、会って聞くのが良いでしょう。

どもったり、ごにょごにょしたりしたら怪しいです。

また、見積もりが出た段階で「やった!安い!」と喜ぶのではなく「こんな安い金額で撤退業者は採算が合うのかな?」と疑ってください。

当日の撤去作業は何人で行うのかも必ず確認しましょう。

作業人数、かかる労力、時間から考えて、妥当な見積もり金額か考えましょう。

誰がどう見ても安すぎる見積もりには裏があります。

民泊撤退業者に騙されないように注意してください。

民泊の撤退作業を信頼できる業者に頼みたい場合は、「一般社団法人家財整理相談窓口」に相談するのがおすすめです。

一般社団法人家財整理相談窓口」は、きびしい審査基準をクリアした信頼できる家財整理業者の団体です。

もちろん、民泊撤退にも豊富な実績があり、信頼できる相談窓口です。

信頼できる民泊撤退サービスの業者の紹介もしてくれますし、民泊撤退に関する相談も無料でしてくれます。

また、見積もりも無料でしてくれますので、民泊撤退にどれくらいの費用がかかるのか知りたい人にも良いでしょう。

悪徳な民泊撤退業者に騙されないよう、信頼できる相談窓口に相談してください。